ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
今月は、良い本に沢山巡り合いました。
新年からよいスタートを切った感じです。
自分のつけたの数を数えるのも面白いかもしれませんね。
今月は38です。

最近読み終えた本 『五つ星をつけてよ』
五つ星をつけてよ
は2月の紹介になりますが、人の書いたレビュー、の数も、もちろん参考にしますが
自分にとって を多くつけられる作品にどれだけ巡り合えるかが
大事な気がしました。

Sayakaの本棚 - 2017年01月 (11作品)
海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)

東京會舘とわたし(上)旧館

東京會舘とわたし(下)新館

その日本語、ヨロシイですか?

我ら荒野の七重奏

日本の助数詞に親しむ―数える言葉の奥深さ―

よっつ屋根の下
よっつ屋根の下
大崎梢
読了日:01月24日
評価4

木もれ日を縫う
木もれ日を縫う
谷瑞恵
読了日:01月27日
評価4

ファミリー・レス

チリモン博物誌

powered by Booklog






にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2017/02/05 15:40】 | 読書
【タグ】 百田尚樹  辻村深月  井上孝夫  加納朋子  飯田朝子  大崎梢  谷瑞恵  奥田亜希子  きしわだ自然友の会  
トラックバック(0) |
旦那、妹からの譲受本。≒ 自分では選ばない本。
そして、よく購入するネット書店・hontoでしょっちゅう電子書籍が割引になるので
ついつい購入してしまう電子書籍、
そして 図書館。
内容的にも今月は私の中では結構バラエティーにとんだものを読んだかも。


Sayakaの本棚 - 2015年08月 (13作品)

テミスの剣
中山七里
読了日:08月09日
評価4




LUCY/ルーシー [Blu-ray]
読了日:08月16日
評価2

超高速! 参勤交代 Blu-ray
読了日:08月16日
評価3

あと1センチの恋 [DVD]
読了日:08月16日
評価2






powered by booklog






にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2015/09/09 23:36】 | 読書
【タグ】 近藤史恵  中山七里  秋川滝美  加納朋子  土橋章宏  今野敏  上橋菜穂子  ピエール・ルメートル  
トラックバック(0) |
3月は、本12冊、うち真面目な本1冊、頑張りました!

最初と最後、★が少なくて申し訳ない。
今まで結構好んで読んでいた作家さんなので期待値が大きかったせいでしょうか。

Sayakaの本棚 - 2015年03月 (15作品)

神様のカルテ0
夏川草介
読了日:03月01日
評価3







名刺ゲーム
鈴木おさむ
読了日:03月21日
評価4







powered by booklog





にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2015/04/03 00:06】 | 読書
【タグ】 加納朋子  夏川草介  谷瑞恵  柚木麻子  乾くるみ  今野敏  川島蓉子  伊吹有喜  鈴木おさむ  松岡圭祐  
トラックバック(0) |
2月も結構読みました。さらっと読めるものばかりですけれど、いつものように。
今年は月1冊くらい、難しめの本(新書とか)読もうかと思いましたが、
今月は無し、新年、2月目で挫折?

Sayakaの本棚 - 2015年02月 (14作品)

ラストミッション [DVD]
読了日:02月01日
評価3







家族シアター
辻村深月
読了日:02月16日
評価3

杏のふむふむ

読了日:02月19日
評価4

ジャッジ! [DVD]
読了日:02月22日
評価4




powered by booklog
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2015/03/08 00:39】 | 読書
【タグ】 角田光代  似鳥航一  加納朋子  蛇蔵  百波秋丸  飛鳥井千砂  辻村深月    
トラックバック(0) |
ぐるぐる猿と歌う鳥 (講談社ノベルス)

加納 朋子 講談社 2010-05-07
売り上げランキング : 74739
by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★★☆ 実写版がみてみたい

この間読んだ加納さんの闘病記に、
この本のことが書いてあったので、読んでみました。

父親の転勤で北九州に引っ越してきた小5の高見森(しん)が、
転校先の同じ社宅の子供達と交流を深めていく、という舞台なので、
子ども向けの日常(?)のストーリーなのですが、
大人でも十分楽しめます。
というか、大人向き、って感じだと思いました。
web拍手 by FC2
また加納さんの作風にもれず、
社宅のいくつかの謎を明らかにしつつ
最初の大きな謎が最後わかる、というもの。

最初に出てきた、あやちゃんが幻とすると
その後、北九州のパックも幻なのか、と思ってしまいましたが
見事にハズレでした。

社宅全体の屋根をキャンパスにした
ナスカの地上絵のうよな、猿の絵、
これを映像で見てみたいな、と思いました。

今は「七人の敵がいる」がドラマでやっていますが
こっちのがいいかも。でも製作費がかかりそうですが(^_^;)

ちなみにドラマ「七人の敵がいる」は、
副題が~ママたちのPTA奮闘記~とあるように
PTAの部分だけが、ものすごく助長され、ドロドロ感があり
なんか違うものになってしまっている感じがしていますが
我が家のレコーダーが、淡々と録画してくれています。

ドラマのホームページに、
陽子役の真琴つばささんと加納朋子さんの対談が載っていました。
お元気そうに見えて、(といっても加納さんの写真はこれが初めて見るのですが)
安心しました。


FC2ランキング


読書日記
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


Read More を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

【2012/04/14 23:16】 | 読書
【タグ】 加納朋子  
トラックバック(0) |
無菌病棟より愛をこめて

加納 朋子 文藝春秋 2012-03
売り上げランキング : 15841
by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★★☆ 前向きの闘病記です


加納朋子さんの闘病記
ななつのこ」「七人の敵がいる」など、全てではないけれど
結構著書を読んでいる、お気に入りの作家さんです。

でも、ごめんなさい。今まで図書館で借りてきてばかりでした。
今度ばかりは買います!買いました。
そして、今回は図書館へのリンク設定をはずしました。
web拍手 by FC2
たまたまネットで加納さんの新刊をみつけたものの、タイトルに驚きました。

病気発覚、急遽入院、化学療法、骨髄移植、退院後の通院
家族や友人などに囲まれ
明るくて優しい加納さんの人柄がにじみ出るような
暗くなく、そして同様の病気の方、家族の方にお役立ちになると思う闘病記です。

なんと、年も子どもの年も、大体私と同じでした。

私が「七人の敵がいる」を読んだのが、去年の秋。
このとき、職場の小1のお子さんをもつママさんにも
オススメしたのですが…
そしてシリーズの本を遡って「レインレイン・ボウ」「月曜日の水玉模様」など読んでいました。

実はその頃、この闘病記はまとめられ、
そして遡ること、「七人の敵がいる」の発売の頃、発病したとのこと。
なにも知らずに呑気なものでした。

あとがきによると、骨髄移植を受けた日を第二の誕生として
次の誕生日を迎えられたとのことで、よかったです!
というか、それを先に読んでしまったので、
闘病記も安心して読み進めることができました。

また弟さんの、日記がまたすごいです。
家族として、ドナーとして、淡々と詳しく綴られて、
難しいくて分からないところと、泣けてくるところと。
早々に色々と調べ、ドナーとなれる可能性の為、摂生をすぐ始めてます。

いつか元気になられて、また新作に出会えますように!


追記
燈佳のブログ」様の記事にて
「七人の敵がいる」がドラマ化されるのを知りました!
早速録画予約しました。
4/2 月~金 フジ 13:30~
です。

FC2ランキング


ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Read More を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:癌闘病記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/03/29 00:00】 | 読書
【タグ】 加納朋子  
トラックバック(0) |

No title
燈佳
こんばんは。
この度は、私の備忘録のようなブログにお越しいただいて、ありがとうございます。

ちょこちょことSayaka様のブログ、読ませていただきました。
私の読んだ本と同じ本が多くてちょっとびっくり&嬉しくなりました。
松岡圭祐さん、海堂尊さんは未読ですが、本棚の雰囲気は似ているかも…。
あらためて、ゆっくりと寄らせていただきますね。

>燈佳さん
Sayaka
こんばんは。

来ていただいて、ありがとうございます♪
同じジャンルの本を読んでいる方が、どう感じていて
他にどんな本を読んでいるのか、見るのは楽しいですね。

また、運よく、連ドラスタート前に知ることができてよかったです。
「七人の敵がいる」を紹介したママさんにも早速伝えました。

有川浩さん、加納朋子さん、大崎梢さんは一緒なのですね。
加納朋子さんの本を読み始めたのは大崎梢さんの「平台がおまちかね」が
きっかけでした。

では、また!

おひさしぶりです。
blue_blue
おひさしぶりです、こんばんは。
この本は発売を知って、こういう本は自分で買わねばなるまい!と、私も本屋に走りました。
途中の文章の質+量の変化からも闘病生活の過酷さが伝わってくるようでしたね。
“日常”を描くのが巧みな方だけに、かえって迫るものもあったように思います。
デビュー時から新刊を楽しみにしている作家さんなので、回復後の新刊を本当に心待ちにしています。

>blue_blueさんへ
Sayaka
おひさしぶりです!!

blue_blue さんの復活も心待ちにしていました。

加納朋子さんを知ったきっかけは
大崎梢さんの「平台がおまちかね」で、
それは、シリーズの「サイン会はいかが?」を
blue_blue さんのところで知ったからで…
blue_blue さんの紹介されている本の中から
読みやすそうなものから、
とお世話になっています。


ブレ無く地道な活動を続けてきたから
年弘
だからこその、前向きなメッセージをたくさん感じられる
ノンフィクションになったのかも知れません。
最近『七人の敵がいる!』がドラマ化されたとかで、今度見てみようと
思ってます。しかし・・・PTAって大変ですねぇ。
PTAの経験を生かした作品なんですが、「集団行動に向かず」と
加納さんを分析してるサイトもあるんですよね・・・。
http://www.birthday-energy.co.jp

これからしばらくはやる気満々になるとか。
ノンフィクションもフィクションも、期待しちゃいます!。


>年弘さん
Sayaka
はじめまして

なんとなく皮肉っぽいコメントと感じました。

私も新作を期待しています。
とっても気長に待っています。

七人の敵がいる のドラマは、
「ぐるぐる猿と歌う鳥」 の記事のところにも少し書いたのですが
PTAの部分だけが、ものすごく助長され、ドロドロ感があり
しかも、6年間の話を、たぶん子役の都合もあるのでしょうが、
一気に進行しているので、
これでは仕事ができない程のPTAの仕事量、
なんか違うものになってしまっている感じがしています。


コメントを閉じる▲
月曜日の水玉模様 (集英社文庫)

加納 朋子 集英社 2001-10-19
売り上げランキング : 113213
by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★★☆ 逆走2

「レインレイン・ボウ」,「七人の敵がいる」
よりも前のお話で、陶子さんのお話でした。
そして、「レインレイン・ボウ」の最後にちょっとだけ出てくる萩君の
周りで起こる、不思議な“事件”の数々。
web拍手 by FC2
二人の出会い(?)は、満員電車で、
いつも途中下車する人(萩君)のおかげで座れるのに
ある日突然、その駅で降りずに自分と同じ駅まで乗っていき、憎たらしく思ったこと。
水玉模様とは、なんとネクタイの柄で、しかも、水玉は月曜限定!

月曜から日曜までの7話構成。

1話で1つかそれ以上の謎を解決しつつ
全体で繋がっているのは、いつものとおり。
加納さん、うまいなぁとまたまた思います。

陶子と広海の関係も微妙に変化していって
最後、どうなる?と思いつつ
先に読んでしまった「レインレイン・ボウ」でも
相変わらずの関係のようです。

そして「レインレイン・ボウ」を先に読んでしまったので
陶子さんの家族は訳ありとは知っていたけれど
そしてお祖母さんさんが、すごいとも知っていたけれど…
さらによく、わかりました。
でもその後も一緒に暮らしてないのですね…


Read More を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

【2011/11/24 21:48】 | 読書
【タグ】 加納朋子  
トラックバック(0) |
レインレイン・ボウ (集英社文庫)

加納 朋子 集英社 2006-10-18
売り上げランキング : 155184
by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★★☆ 逆走してしまっているみたい

加納朋子さんの「レインレイン・ボウ」を読みました。

高校時代のソフトボールのチームメイトの葬式をきっかけに、
再会した25歳位の女性7人(+亡くなった人)+1人
のお話。

web拍手 by FC2

途中、小原陽子さんがでてきて、しかもソフトボール部!!
昨日読んだ「七人の敵がいる」の主役の陽子さんだ
同じ人でした。しかも読む順が逆。

でもこの話の構成としては、各章別々に7人の視点で
かかれていつつ、繋がりのあるストーリー、
そして全体でひとつの謎を解く、という
「ななつのこ」のようですね。
さすがです。

あとがきを見たら、これより前に「月曜日の水玉模様」というのがあって
それに、陶子さんがでてくるらしいのです。
なんと昨日「七人の敵がいる」の後ろの本の紹介のところをみて
図書館に予約しておりました。(*^^)v

本当に逆走してばかりです。
先日も近藤史恵さんの「天使はモップを持って」シリーズを逆から読んでしまったばかりです。


Read More を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

【2011/11/21 21:14】 | 読書
【タグ】 加納朋子  
トラックバック(0) |
七人の敵がいる

加納 朋子 集英社 2010-06-25
売り上げランキング : 26467
by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★★★ クリーンヒットかも

これから小学校にあがる~小学生のワーキングマザーには必読!?
そしてそのだんなさんにも(?)
(おばあちゃんや専業主婦の方にはどうでしょうかね~)
web拍手 by FC2
敏腕女性編集者の、7タイプの敵
1話目では小1の保護者会のPTA役員決め
そして学童保育、少年サッカー、先生、夫の家族、夫、我が子…
人数を数えると「七人」ではなく、もっとたくさん。
でも「敵」を作って打ちのめすのではなくて
いい具合に味方にして、仕事もPTA、地域活動等も
目一杯頑張るところが爽快ですし、じんわりと暖かいです。

最後は小学校卒業、中学校でもPTA! そして新たなビジネス、
というところで終了

私はこんなにバリバリと働いていないし、
学童、地域活動、地域のスポーツ団などもしていないし
PTAも最低限(今年は内職で、その仕事量は結構ありますが)しかしていないし
この小説の陽子さんほどでは全然ないですが
今年読んだ小説の中で一番面白かったです。

著者やお付き合いのある編集者の方の実体験が元なのだろうな、と思いつつ、
あとがきには、おことわりを書いてあるところも
敏腕女性編集者の技なのかも。


Read More を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:オススメ本 - ジャンル:小説・文学

【2011/11/20 10:21】 | 読書
【タグ】 加納朋子  
トラックバック(0) |
  

表題作「モノレールねこ」を含む短編集。全部独立した別々のお話でした。
web拍手 by FC2
でぶっと太った野良猫が塀の上にいると、おなかのお肉が塀の両側にブヨッとなってモノレールみたい。だから「モノレールねこ」と名前を付けて少年と、見知らぬ友達が首輪に手紙をはさんで文通。猫の死とともに連絡も途絶えてしまったけれど、十数年後また思いがけず再開。
他に、事故で一気に家族を亡くした子と、ダメダメ叔父との生活、とか
娘を亡くしたお母さんが泊まったホテルに、娘の亡霊(?)がでるからと、毎年同じ日に泊まりに行く、とか
ザリガニが一人称となって、池から釣られたところから飼われて、その家の様子を伝えたり、家を守ったり
とかそれぞれ状況が違うけれど、優しい雰囲気のある作品でした。


Read More を閉じる▲
関連記事

【2009/07/01 23:34】 | 読書
【タグ】 加納朋子  
トラックバック(1) |