ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
先月は、映画DVDで数を稼いだ感がありましたが、
今月は夏休みもあり、しっかり本も読みましたよ (*^^)v

Sayakaの本棚 - 2016年08月 (15作品)
居酒屋ぼったくり〈2〉

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

ひらひら (集英社文庫)

水族館ガール3 (実業之日本社文庫)

モップの精は旅に出る

霧 ウラル
霧 ウラル
桜木紫乃
読了日:08月14日
評価3

すごい家事 - 人生の「掃除の時間」をグッと縮める -

利休の茶杓 とびきり屋見立て帖

新装版 星に願いを (講談社文庫)

アンと青春
アンと青春
坂木司
読了日:08月16日
評価3

下鴨アンティーク 祖母の恋文 (集英社オレンジ文庫)

決してマネしないでください。(3)  (モーニングKC) (モーニング KC)

万能鑑定士Qの最終巻 ムンクの〈叫び〉 (講談社文庫)

【映画パンフレット】 シン・ゴジラ SHIN GODZILLA 監督 庵野秀明 キャスト 長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ

マリコ、炎上
マリコ、炎上
林真理子
読了日:08月31日
評価4

powered by Booklog





にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2016/09/03 17:16】 | 読書
【タグ】 秋川滝美  原田マハ  池永陽  木宮条太郎  近藤史恵  桜木紫乃  松橋周太呂  山本兼一  林真理子  坂木司  
トラックバック(0) |
たまたま同時期に読んだ 「この部屋で君と」と「何者」
朝井リョウさんの作品、同じ登場人物がいて、ビックリしたのと
更に、「書店ガール4」に本の紹介で「何者」が出ていて、またビックリ。

娘に買って、とねだられた しかも売り切れで、ネット注文した
「はたらく細胞」も、今までに読んだことがないジャンルで面白かったです。

Sayakaの本棚 - 2015年07月 (12作品)

何が困るかって
坂木司
読了日:07月03日
評価3




何者
朝井リョウ
読了日:07月16日
評価3






政と源
三浦しをん
読了日:07月30日
評価3

powered by booklog





にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2015/08/11 00:36】 | 読書
【タグ】 向井万起男  坂木司  上大岡トメ  朝井リョウ  小谷太郎  碧野圭  三上延  清水茜  松岡圭祐  三浦しをん  
トラックバック(0) |
遅くなりましたが、5月分のまとめです。
主人や妹が買った本を結構読んだ関係で、
始めまして、の作家さんが多いです。

Sayakaの本棚 - 2015年05月 (12作品)
希土類少女
青柳碧人
読了日:05月04日
評価3





宿坊さんぽ
上大岡トメ
読了日:05月10日
評価3




肉小説集
坂木司
読了日:05月26日
評価2



powered by booklog




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2015/06/23 22:54】 | 読書
【タグ】 青柳碧人  白川紺子  近藤宏  重松清  上大岡トメ  谷瑞恵  今野敏  大沢在昌  坂木司  柴田よしき  
トラックバック(0) |
松岡圭祐さん、有川浩さん、 池井戸潤さんの新作。
そして坂木司さんの2冊、
それを差し置いて、主人の知り合いから面白い、といって回覧(?)状態、
私にとってお初の今野敏さんの「隠蔽捜査」が堂々5つ★

ドラマスタートしたときに初回の途中まで見て
タイトルとあいまって、
家族を顧みず、息子の不祥事をもみ消す(もみ消せと言われてそうするのかと思った)
好きでない、と思ってみるのを止めてしまいました。

竜崎さんの、小さい頃からの物事の考え方や心の移り変わり、
組織での考え方など、緻密に描かれていています。
シリーズ物と知り、続きを図書館で予約しました。

Sayakaの本棚 - 2014年08月 (9作品)



僕と先生
坂木司
読了日:08月17日
評価3

明日の子供たち
有川浩
読了日:08月18日
評価4

ホリデー・イン
坂木司
読了日:08月19日
評価3

銀翼のイカロス
池井戸潤
読了日:08月24日
評価4



powered by booklog




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2014/09/05 23:54】 | 読書
【タグ】 松岡圭祐  坂木司  有川浩  池井戸潤  今野敏  
トラックバック(0) |
暑いです。読書もDVD鑑賞も失速です。

娘が見たいといい、一緒に見始めたトワイライト・サーガは、
1作目は、生物の授業多いね、今同じ様なところを習ってる、とか
高校なのに車運転していくんだね、とか色々話ながら見てました。
最近、こういうことが少なくなってきたので、貴重なひとときです。
2作目からは、こっちのが格好いいのに、とか、二股!とか、
言いたい放題! 
家で、女子(?)2人鑑賞ならではかもしれません。劇場ではこうはいきません。

が、しかし、勢いにのってたて続けに借りて
ブレイキング・ドーンPart1・2 の2枚がもう2週間程家にあります。
なかなか一緒に見れなくて。
ツタヤディスカスなので、延滞金はないですけれど
返さないと次が送られてこないので、今月はあと12枚レンタル可能、ってことになってます(^_^;)


Sayakaの本棚 - 2013年07月 (12作品)
レ・ミゼラブル [DVD]
読了日:07月06日
{book['rank']


かぞくのくに [DVD]
読了日:07月11日
{book['rank']



鍵泥棒のメソッド [DVD]
読了日:07月15日
{book['rank']

新幹線ガール
徳渕真利子
読了日:07月15日
{book['rank']


のぼうの城 通常版 [DVD]
読了日:07月16日
{book['rank']




powered by booklog




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

web拍手 by FC2

【2013/08/04 00:06】 | 読書
【タグ】 坂木司  丹沢まなぶ  徳渕真利子  近藤史恵  松岡圭祐  大崎梢  越谷オサム  
トラックバック(0) |
15作品というものの、プラスアルファの方が多くて、
カテゴリ「読書」にあてはまるのは、何作品でしょう(^_^;)
勤めに復帰したので、先月に比べると激減。
当面、残業禁止になっているので、
夜の自分の時間は沢山あるはずなんですが、身体が慣れてなくて
疲れて眠ってしまったり。
手元に未読本は沢山あるのですが、あまり減りません…

Sayakaの本棚 - 2013年05月 (15作品)




幸せパズル [DVD]
読了日:05月08日
{book['rank']

永遠の僕たち [DVD]
読了日:05月10日
{book['rank']


物語のある広告コピー
読了日:05月11日
{book['rank']







ひらいて
綿矢りさ
読了日:05月30日
{book['rank']

powered by booklog





にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2013/06/02 21:33】 | 読書
【タグ】 山本幸久  池井戸潤  坂木司    水生大海  拓未司  垣谷美雨  光原百合  初野晴  増渕雄一  
トラックバック(0) |
4月は、時間は有り余っているし、頭も体も動くようになってきて
ちょっと多かったですね。

でも先月と同じく、いやそれ以上にDVDが多いですが…(^_^;)
ツタヤディスカスで借りているのですが、
8本以降、旧作なら借り放題、ということで、
届いたら早めに見て返す、をしてみました。
郵便事情があり、先方に返却手続きされてから次の発送となるので、
借り放題、といっても限界ありますけれどね。

Sayakaの本棚 - 2013年04月 (22作品)






天地明察 [DVD]
読了日:04月10日
{book['rank']




ポテチ [DVD]
読了日:04月14日
{book['rank']






ヘアスプレー [DVD]
読了日:04月27日
{book['rank']






powered by booklog




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2013/05/01 09:51】 | 読書
【タグ】 青柳碧人  室積光  伊坂幸太郎  池井戸潤  石川雅之  坂木司  茅田砂胡  
トラックバック(0) |
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2012-12-01

私のおすすめ度 ★★★★★ 面白いし、為にもなる。娘にも勧めたい

坂木さんの作品は大体読んでいますが、たぶん一番の長編でした。500ページ超!分厚い!
でも、途中で用事があったので中断しましたが、一気読みに近い形でした。

主人公はサーフィンの好きな高校生。
終わらない波(ポロロッカ)がアマゾンにあると耳にし、
また、たまたま、お母さんの弟・剛くんがブラジル転勤と連絡を受ける。

行くにはどうしたらいいか?
ポロロッカやブラジルについて調べる
親や剛くんに伝える
お金をためる(バイトする)
安い行き方、現地での行動を考える
サーフィンの技術を上げる


地道にステップを踏むごとに、
人とかかわりや成長が感じられて、よかったです。

これが、娘と同じ年の子の物語と思うと…すごいです。

坂木さんにめずらしく、性的シーンもありましたが、
これのあとの、別れのシーンでの皆の言葉や、
お母さんが言っていたことを、説教がましくなく教えてくれたのでしょうか。

更に、働いてお金を稼ぐこと、計画を立てること、交渉すること、…
諸々大事なことを物語の中で教えてくれる教科書みたい。
娘にも読んで欲しい一冊です。


P.S.
先の記事で書いた、娘の学校での読書の時間ですが
「読書週間」ではなくて、始業前10分間、読書時間が設けられたそうです。
10分与えられて、続きが気になったら、その後の時間にも読みたくなりそう?!



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2013/04/29 23:12】 | 読書
【タグ】 坂木司  
トラックバック(1) |


藍色
とてもいい本に巡り合えました。
読んで、幸せな気分になれる小説でした。

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

> 藍色 さん
Sayaka
コメントありがとうございました。

坂木さんには珍しい作風で、
読み応えありましたね。

一昨年のことですが、娘も読みました。
娘の感想も、いい感想だったと思います。




コメントを閉じる▲
ウィンター・ホリデー

坂木 司 文藝春秋 2012-01
売り上げランキング : 91043
by ヨメレバ

私のおすすめ度 ★★★★☆ 坂木さんらしい爽やかな物語

ワーキング・ホリデー
  (元ヤン・現ホストの大和の仕事中に「あなたの子どもだ」と名乗る進(小5)
   が現れ、夏休みの間二人で過ごす物語。)
の続編です。
私が読んだのは、このブログの記録によると2008年。
出版は2007年。それから5年後、物語の設定は半年後の冬。
(それを真夏に読んでしまいました)


ハチさん便の配達は、
リヤカーを改良したようなヤツから自転車タイプにバージョンアップ。
そして新人アルバイト大東くん、
進の学校の友人のワルガキ・コウタ
そして進の母・由紀子も登場。
大和のヤンキー・ホスト時代の友人も登場するけれど、みんないい人で
坂木さんらしい爽やかな物語

最後に今後の余韻を持たせつつ終了。
次作はあるのかないのか、そのとき進は小6か中学生か?


「ワーキング・ホリデー」の方は、映画化されるのですね。
大和役はEXILEのAKIRAさんだそうで。

FC2ランキング


読書日記
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
web拍手 by FC2

【2012/08/21 22:58】 | 読書
【タグ】 坂木司  
トラックバック(1) |


藍色
やっぱり面白かったですね。
読み始めたら止まらなくて、慌て気味に読み進んでしまいました。
ちょっと勿体なかったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

> 藍色 さん
Sayaka
いつもコメント、トラバ、ありがとうございます。

「ワーキング・ホリデー」シリーズ、
「ウィンター・ホリデー」は、おせちの配達とか、
ちょうどそのシーズンですね。

最近、このシリーズのスピンオフの「ホリデー・イン」も
読みましたよ。
でも本編を読んでから間が開いてしまって
サブの方は、どういう関係だったっけ?と思い出すのが大変でした。



コメントを閉じる▲
和菓子のアン

坂木 司 光文社 2010-04-20
売り上げランキング : 88390
by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★☆☆ さらっとし過ぎ?

web拍手 by FC2
坂木司さんの小説は色々な職業が登場していますが、今回はデパ地下の和菓子屋さんです。
そして主人公の家はおそらく、「切れない糸」のクリーニングやさんがある商店街にあるのだと思います。
話は全く別のものです。

デパ地下の和菓子屋で働き始めた梅本杏子(アンちゃん)、
そこで働く変わった個性的な人々、「みつ屋」のお客様、お菓子、…の謎をめぐる
さわやかミステリー(?!)
デパ地下の裏側もちょっとわかります。

杏子ちゃんは、ちょっと無知で接客に足りないことがあったら
次にはしっかりと勉強し、勘も働き、賢くていい子です。
そして大福のような、ほっぺ…
みんなから大切にされそうです。

ちょっと、さわやか、あっさりしすぎている気も。


Read More を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

【2011/03/30 21:14】 | 読書
【タグ】 坂木司  
トラックバック(0) |