ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
前に記事で、暖かくなったら始めると書いたのに、結局そうそうに作り始めました。

前回の宣言(?)

果物類のほかに米麹も少し混ぜ
手では混ぜず、洗ったスプーン等でまぜる
「発酵ジュース」として楽しむ。




更に、お砂糖も変えてチャレンジ(^^;)

北海道産 ビート糖 粉末タイプ 山口製糖
IMG_2740_R.jpg

白砂糖でないと、ミネラル分が発酵の妨げになり、素人では失敗するから、
と参考にしたサイトの随所に書いてあったと思います。
普段、白砂糖もあまり使ってなかったので、白砂糖には抵抗あったところ
近所のスーパーで見つけました。
ちょっとお高いし、失敗したらパーになってしまうのですが、チャレンジしてみました。
黒糖程には黒くないし、と自分の中で言い聞かせて…

寒い地方でできたものは、身体を温め、暑い地方でできたものは身体を冷やすともきくので
これを選びました。

重曹を溶かした水で果物の表面をきれいにし
果物、砂糖を交互に入れる
参考サイト https://cookpad.com/recipe/2347240

上に麹 1%量を載せる
参考サイト:http://kireinosensei.com/1300052/

IMG_20170114_130625_R.jpg  IMG_20170114_130635_R.jpg
(一番下の白い砂糖は、前回の残りのてん菜の白砂糖)

3日後 今回は最初から上部はシュワシュワしてましたが、1週間くらいで一旦おさまりました。
IMG_20170115_233740_R.jpg

前回作ったのと同様2週間ほどでシュワシュワしてきたので
成功と思います。
シュワシュワから3日後、ろ過しました。

IMG_2729_R.jpg

リンゴ+キウイ+パイナップル で漬けたのち
「はれひめ」というみかんとオレンジの中間的なものをたくさん頂いたので
はれひめ+キウイ でも漬けてみました。
途中写真を撮っていなくて、濾す直前のところです。
IMG_2732_R.jpg


漬けた後
リンゴはスカスカ、そのあとの再利用を考えず捨て
キウイは、かなり溶けて、かろうじて種周辺が形をとどめている感じ
パイナップルは、ちょっと小さくなった感じ。ちょっとかじってみたら甘すぎ、

はれひめ は、クシャッっとなりながらも形が残っていて
こちらを参考にオレンジピールにしてみました。

参考サイト https://cookpad.com/recipe/2648276
IMG_2736_R.jpg

ちょっとまだしっとり。乾燥が足りなかったかも。
実は前回もそうだったのですが、寒い時期なので、発酵に時間がかかると思い
酵素だか菌だかが働いているので、これが死滅しそうな高温にしてはダメだろうし、と
うちの温熱ヒーターから1メートル弱 離して、温め。
朝晩、キッチンを使う間、邪魔というのもあって
外から入れ物を触ってヒヤッとしない程度に温め。

前回は醤油麹も同時に仕込んで、同じ頃にプクプクし始めたので
そんなに悪い方法ではないのではないかと。





ブログランキング・にほんブログ村へ

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

【2017/02/05 14:51】 | 今日の思い
トラックバック(0) |
先日書いた記事「自家製酵素シロップ作り & 科学的疑問」について
教えて頂いたことがあります。
先の記事で青字で書いた部分と参考ページ「発酵ジュースと酵素ジュース」
 http://hakkou.or.jp/blog/?p=5272 
(日本発酵文化協会トップページ http://hakkou.or.jp/)です。
(ありがとうございます! 基礎医学教育研究会さま KIKKEN Lab )

それから自分なりの考えも含めて
もうちょっと暖かくなったら、これからはこうやっていこうと思います。

果物類のほかに米麹も少し混ぜ
手では混ぜず、洗ったスプーン等でまぜる
「発酵ジュース」として楽しむ。



・皮膚常在菌が体内でも良い働きをするのか疑問がぬぐえない以上に
雑菌の混入、増殖が心配だからです。

 皮膚常在菌も活用するために、手洗いは石鹸を使わないように、という注意されています。
雑菌も心配ですし、今の時期だと手荒れしてハンドクリームを塗ったりしているので、
流水だけで洗う手で、生の食品をいじる気がありません。
嫌な感じをしながら行うものは、気持ちの面からもよくないと思ったので。

・口から入れた酵素、菌?が、どの程度体内で役立つのかはわかりませんが
 納豆、ヨーグルト、その他発酵食品の類のレベルと期待して。

・「砂糖はブドウ糖と果糖に分解され、いずれブドウ糖になる」
  「いずれブドウ糖になる」ことが理解できなかったのと、
  口からブドウ糖を大量に入れることに、どういう良い効果があるかがわからないので
 この「効能書き」についての考えは保留にします。


こうなると、毎年6月に作っている、梅のハチミツ漬けシロップ と似たり寄ったりかな?
(昨年は、腱鞘炎で梅シロップも梅酒も断念したけれど)




ブログランキング・にほんブログ村へ

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

【2017/01/09 12:47】 | 今日の思い
トラックバック(0) |
自家製酵素シロップ挑戦しました!
ちゃんと習ってないのと、"酵素の元"がないので、麹を使いました。
それとあまった麹で、久しぶりに醤油麹も作りました。

IMG_2549_R.jpg IMG_2550_R.jpg 

IMG_20161123_201250_R.jpg IMG_20161124_071357_R.jpg IMG_20161125_231531_R.jpg
IMG_2565_R.jpg IMG_2566_R.jpg

参考サイト
http://www.n-kouso.jp/
http://cookpad.com/recipe/2347240
http://kireinosensei.com/1300052/

自分なりに要約すると…

果物、野菜などを 1.1倍量の白砂糖で漬け込む。(砂糖を少なくすると腐敗のおそれあり)
発酵させるときに、「こっちだよ」と正しい発酵に導く「発酵助成剤」として、前回作ったものや、麹などを入れるとよい。
毎日素手(石鹸使わずに水洗いのみ)でかき混ぜる。
砂糖の浸透圧で果物・野菜から、ミトコンドリアや酵素を引き出し、皮膚についた常在菌で発酵する。
(市販の酵素シロップは、加熱殺菌処理が義務づけられていて、酵素がこわれるが)
皮膚常在菌は人それぞれに違う。常在菌は自分を守ってくれている有益菌。
自分の皮膚常在菌が壊れないまま体に入るのでよい。腸内細菌がものすごく増える。
大量の砂糖を使うが、発酵により、砂糖(ブドウ糖と果糖が結合している状態)から、ブドウ糖と果糖に分解され、いずれブドウ糖になるので安心。
黒砂糖などミネラルなどが入っていると発酵しづらく腐敗のおそれあり、白砂糖がよい。
 (発酵と腐敗は紙一重、というか人間に役立つものが発酵)
かき混ぜて、泡が出てきて3日くらいで終了、ろ過する。



一日60ml程度を飲むらしいとのこと。

今までは、チアシードを水で膨潤させたものを
ヨーグルトにのせるか、または
薄めるためにわざわざカルピスを買っていたので
カルピスの置き換えに使ってます。

酵素について、特段健康上のメリットを求めていませんが
私にとっての比較は からだにピース カルピス (乳酸菌飲料)です (^^;)


作りながら、飲みながら色々な疑問点が生じています。


・果物や野菜の酵素を引き出して発酵させたものを、おいしいと思って飲むためのものか
酵素が身体に入ってよいことがあるものなのか
どういう位置づけのものなのでしょうか?


おいしく飲んでいるので、後者の議論をし始めると…

・毎日素手でかき混ぜ、自分の皮膚常在菌を入れて発酵させる。
 (市販のものは、加熱殺菌処理が義務づけられていて、酵素がこわれるが)
 自宅で作れば自分の皮膚常在菌が、こわれないまま体に入るのでよい、

とのことだけど皮膚で活躍する菌が体内でも良い働きをするのでしょうか?

・果物、野菜などを 1.1倍量の白砂糖で漬け込んでいる間に
 砂糖(ブドウ糖と果糖が結合している状態)から、
 ブドウ糖と果糖に分解され、いずれブドウ糖になる
 とのことですが

(ブドウ糖(=グルコース)と果糖(=フルクトース)に分解されるところは
 こちらにアニメ説明ありました
   http://kikkenlab.blog.fc2.com/blog-entry-7.html
   このサイトは酵素シロップ自体とは関係ないです)

砂糖のまま体にいれると、体内の酵素で分解するときにビタミンB群やミネラルが消費されるから
体内に取り入れる前に分解しておいた方がよい、っていうことでしょうか?

・毎日かき混ぜて、手やしゃもじ(実はしゃもじでかき混ぜたこともあり)に
ついたものをなめていると、味の変化はわかるけれど、果物の味も混ざるので
砂糖、ブドウ糖、果糖の味かどうかなんてわからかったです。

「いずれブドウ糖になる」と、どうしてよいのでしょうか?

「いずれブドウ糖になる」というのは、どういうことなのでしょうか?

ブドウ糖と果糖は異性化しますが、
どういう条件で、ブドウ糖のみになるのでしょうか?


果糖はあまり体によくないといわれていますが
世には果糖ブドウ糖液糖(異性化糖)というのが出回っています。
果糖が甘味が強いので果糖多めになるような酵素を使っているようですが
実質、これと同じようなものになってはいないのでしょうか?

果糖について Wikiより https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%B9#.E7.95.B0.E6.80.A7.E5.8C.96.E7.B3.96


今のところ、健康診断で悪いところなく、成果がわかりづらいです。
微増を続けている体重が減ってくれると分かりやすくて、ありがたいのですが(^^;)
お正月をはさんでいて、さらに体重は増え続けています。

少なくとも、そして好きな果物類から、自分で作れる、というのもよいのですが
その他のことはわかりません。

しかし、こんなことを考えてしまうと、身体によいものであったとしても
逆効果になってしまうかも(^^;)




ブログランキング・にほんブログ村へ

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

【2017/01/05 00:34】 | 今日の思い
トラックバック(0) |
手に取った本の紹介と、旅行日記(?)の紹介

ブクログより
図書館の新刊コーナーで手に取った本。
絵を描くのはからきしダメなのに、なぜ借りたんだろう??

手書き、イラスト付きの旅行記を作るのはやはり無理ですが
ヒントはたくさんもらいました。

・気になった看板、マンホール、トイレットペーパーなども記録に
・写真の撮り方視点を変えてみる
・地図や絵葉書も旅行記に活用する
・写真がうまく撮れない時はパンフレットの写真を活用する
などなど参考になりました。
また旅行中、パンフレットを一日毎に束にまとめる
というのも。

私はパソコンで縮小して、コメントつけたり
HPの画像を借用したりしてまとめてました。
こんな感じ。↓
http://mimi9sayaka.blog14.fc2.com/blog-entry-238.html

これに上記のようなものを加えたり、
地図はパンフレットを写真に撮ったり、グーグルマップを拝借するとか
というのを取り入れました(ネットに公開するわけにはいかないけれど)
それと、たまったパンフレット、半券など、写真に撮ったのち、思い切って処分できたのもうれしいです。


以前、私のデジカメ写真整理法 という記事を書きました。
この本で、少しアイディア頂いたので、それを使ってみました。

ただ、読んでから行った旅行のではなくて
夏の旅行の写真、撮ったままのがあったので、
写真の撮り方などは反映できてないけれど
地図などを入れて作ってみました。

ただブログにアップするときは、目隠ししちゃうので、
新しいのをアップしてもあまり意味ないかもしれないけれど。

京都1608-4-blog_Rのコピー



ブログランキング・にほんブログ村へ


web拍手 by FC2

【2016/11/05 23:37】 | 今日の思い
トラックバック(0) |
ここ最近 手帳とノートをシステミックというカバーに入れて使ってましたが
来年はカバーを変えてみます。

今まではカバーは、コクヨのシステミックというもの
過去記事1 、過去記事2 
2009年からずっと同じ。

手帳の自体は
過去記事 
2010年の投稿なので、2011年からずっと同じ。

当時、手帳とノートを入れようとしたけれど
カバーの厚み制限で入らなくて重い本の下に置いて緩めた感じ?
IMG_2218_R.jpg  

IMG_2219_R.jpg


今年はなぜか、手帳カバーの広告が画面に現れ、ついつい…アマゾンに誘導され
誘導されたのとは別のヤツですが買ってしまいました。
A6ノートカバー (ミーリングレザー)

これもやっぱり2冊入れるにはきつそうだったので、
ノートは若干背中の厚みが薄くて、表紙の雰囲気がいいやつ…
と思って、こちらは文房具屋さんでみて決定!
これの為に作られたみたい!
etranger di costarica というメーカーのFAKE アイボリー というものでした。
  次回買うときのメモ φ(..)

IMG_2220_R.jpg

IMG_2221_R.jpg

あと、革の臭いかしら?ちょっと臭いです。
また、重い本の下に置いて緩め、また陰干しして臭いを抜けるかやってみます。

手帳に元々ついていたカバーは、だいたいこの時期から年が明けるまではついたままですが
年が明け、本格利用が始まるとカバーをかえちゃうので…

きれいなまま抜け殻が何個か残ってます(^^;) 
手帳の中身だけ売ってくれないかしら?
それか、何個か集めたら何かもらえるとか?!

IMG_2222_R.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ


web拍手 by FC2

【2016/10/24 00:20】 | 今日の思い
【タグ】 手帳  
トラックバック(0) |