ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
娘は大学に入ってから、一人暮らしをしているのですが
春休みになっても、こちらに戻ってこられず
こちらから押しかけ(?)ました。

これだけ長い休みがあるのは、学生時代だけなので
何か有意義に過ごして欲しいし、
必要なことは今のうちにしておいてほしいのに…


急がないけれど、行っておいた方がよい皮膚科
皮膚科連れて行きましたが、レーザー治療などは曜日が限られていて
しかも予約待ちで、次の手術日にはやってもらえない。
今思えば、年末に連れて行けばよかったけれど、そのときは試験前で殺気立っていたし。
結局、懸案の日は一人で行くことになるんだろうが…
長い休みの間にしておければいいのだろけれど。
夏休みに先延ばしか?…


靴のかかとが擦り切れた靴
足のサイズが小さいので、サイズが合って気に入る靴がなかなかないので
一旦買った靴を修理しながら履いています。
でも、自分では修理に持っていかないので
まとめて修理に出しました。
修理屋さんのおじさん曰く、だいたい親御さんが持ってくる。
面倒というより、結構修理費用が高いので、親にお金を出してもらいたい
という方が強いのでは?
とのことでした。

1年間無事に生活してこれたので
こんなことは、自分で出来るはずなのに…

あと、車の免許
必要になったときには、時間がなくて取るのが大変だと思うのだけれど
必要になることが訪れるか? 問題で、
お金がもったいない
(誰が費用だす)
教習所まで通うのが面倒

通ったら?  
 う~ん…
で、平行線。




にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ


web拍手 by FC2

【2017/02/28 22:11】 | 子ども
トラックバック(0) |
本人はもちろんですが、親にとっても受験を控えているのか、もう済んでいるのかで
随分と、気分が違いますね。
思い出しつつ、すっかり更新サボっていた分、思い出して少し記事更新しました。

もう夏休みは終わってしまいましたが
去年はオープンキャンパスへ行ったり、連日弁当持たせて塾・自習室通い。
22:30で塾が閉まるけれど、十分に遅い時間。

小中学生と違って、塾の送り迎えなんて、皆していないけれど、
家で待っているのは気が気でなかった

また23時過ぎたら、塾帰りでも補導されるから、注意するよう、学校から言われて
でも22:30ギリギリまで自習後、先生に声かけられて、帰宅が23時近くになったりして。

さて、過去に書いた記事と、思い出し更新記事

過去問 「赤本」「青本」 推薦の試験問題
赤、青 のほか、黒、緑 … 色々ありますね(^^;)

大学受験
うちは推薦だったのでかえって、受験料が少なく抑えられました。

でも、推薦で3校受けたので10万+交通・宿泊費 かかりました。
最後は本命、最初から徐々に難関になっているという日程だったので、ラッキー!と
思っていたら、最後の本命の受験日前に、一番最初の大学の不合格を知ってしまい
気分は ↓↓

しかし、入学金・学費の手続き期限の関係で、
二重に払う覚悟でいたところ、その費用を払わなくて済んだので
あとから思えば、お金が浮いた気がしました。
(上期の授業料は、進学しない場合、請求すれば戻ってくるそうです。
 以前裁判になったそうで。
 でも入学金は返してもらえないみたいです)

年明けの普通の受験だと、
センター利用で私立は数多く受験できますが、その分お金がとってもかかるシステムですね。
しかも、センター利用での合格発表が遅く、それより前に、その学校で行う試験の
締め切り、受験日がくるので
両方出願しておかないと…ということで、いくつも受けることになるそう。

娘が大学生になりました
娘の引っ越し、入学式の後の親向け説明会についてなど


追加記事 

娘の大学生活&試験&夏休み
テストについて、など




大学
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:大学 - ジャンル:学校・教育

【2016/09/22 17:14】 | 子ども
トラックバック(0) |
私の頃の大学は、
4年のうち半分の2年間が教養課程で、
やっと入学しても専門的なのがなくてガッカリ
代返とかしてもらったりして、結構適当。

しかし…娘に聞くと様子が随分違います。
今は離れて生活しているので、常に見ているわけではないのですけれども
話を聞く限り相当違ってます。

私とは学科も違うし、公立と私立では違うのでしょうか
あるいは国家試験の合格率の為か…?
頑張ってくれています。

担任+数名ずつ受け持つ担当の先生
毎週の小テスト
前期試験の赤点だった人は、夏休み明けに追試 等

前期試験は、間に週末を2回挟んで、のべ3週間。
8月初旬までかかってました。
試験前数週間、大学受験以来、連日遅くまで勉強したそうです。



また、入学式とは半年ずれて、秋には親の後援会の総会
小中高のPTA活動とは随分と違っていて
教育内容にも口出しする会のようです。

親の仕事を継がせる方々の必死さがあるのかな

ちょっと、遠いのですが、最初なので行ってみようと思います。



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:大学 - ジャンル:学校・教育

【2016/08/20 22:41】 | 子ども
トラックバック(0) |
この春、晴れて娘が大学生になりました。

寮がなく、マンション生活となるので
普通に一世帯増える感じで
3月から毎週末、電気やさん、家具やさんリ、スーパー、と買物ばかり
そして引越し、入学式 とドタバタの1ヶ月でした。

入学式の後、学生はオリエンテーションで午後びっちりと。
親は1時間の説明会。学習、進路、諸々 

もうほとんど子育ては終了、あとは お金のみ?! 
学費、教材費、
マンション代、光熱費、
生活費…

バイト代を少しあてにしていたのだけれど、結構授業が立て込んでいるらしく
ままならないのかな?
始まったばかりでわかりませんけれども。

当初考えていた仕送り額で足りるだろうか?



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:大学生活 - ジャンル:学校・教育

【2016/04/07 23:58】 | 子ども
トラックバック(0) |
我が娘は先月推薦入試で無事合格しました。
うれしい反面、下宿生活になるので寂しいです。

さて。

センター入試は既に申し込んでいて、
また学校の学年末試験代わりで、必須です、と言われているので
受ける分には構わないし
 娘もそのつもりで、国公立受ける子たちと一緒に
 学校でいっせいに注文したセンター向けの教材に取り組んでおりますが

先日の三者面談で、
推薦ではなくて、実力でも受かったという実感があった方がよいのではないかと、
センター利用の私立校の出願を強く勧められました。
しかしチャレンジ系のところではなく、A判定のところばかり。
(万一、高望みの所に受かったとしても、専願推薦なので行けないので、やる気なし)

調査書はすぐに作成できないから、念のため年末までに調査書だけは申し込んでおいて
と言われたのですが…

これって、合格人数の表の数を上げる為のものなんじゃあ…???
しかも調査書も有料だし。



来年からはこの「読書と高校生(母)日記」というタイトルも変えないといけないですね。

中学生(母)日記から始めましたが、
大学生になって下宿生活にもなると思うので、
もう子育て系ではなくなりますし、心機一転したほうがよいでしょうかね。




にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ


web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

【2015/12/25 21:38】 | 子ども
トラックバック(0) |