ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
映画「植物図鑑」みました。

有川浩さんの映像化作品は、今までいつも
小説の方がよかった、と思ってしまうのです。
特に、県庁おもてなし課、図書館戦争2は残念だった

しかし、ブログ名としてSayakaさんと名乗らせてもらうきっかけとなった「植物図鑑」はみなくちゃでしょう!
 (⇒ 小説読んだのはもう7年前
と、初日にみてきました。

本作は・・・小説のほうがやっぱり良かったですが
有川浩さんの映像化作品の中では、一番よかったかな。




まだ、小説や映画を見ていない方にはネタバレになるので、少し改行します。







ご飯は、映像化されていて美味しそうだし、
作っているところ、食べているところも 楽しそう。
野草を摘んでいるいるところや、花冠もかわいい!

行き倒れて拾ってもらう「躾のよい犬?イツキ君」は
拾いたくなってしまうかわいいワンちゃん顔かもしれません。
(ポスター見ていたときは、主役の2人、イメージに合わないかな、
と思ってしまいましたが映画みたら、結構イメージにあってました。)



原作通りだと、説明部分について
ナレーション入れるか、別のシーンを作って喋るしかないだろうから
ストーカー疑い、交番とか、お母さんとか、出版パーティとか入れて
うまくつないでましたね。

オオイヌノフグリの由来とか、"元カレの使いさし" は、18禁になりそうなので
省略は仕方ないでしょう。


ちょっと残念な点は、
・「拾った」ときの状況、さやかさんの方は夢の中?
 一歩も歩けない、という感じじゃあなく機敏な動きなイツキ君

・原作は自転車1台で、2人乗り。
 さすがに今の道路交通法ではダメだよな…。
 ということで、自転車はバイト代で2台同時に買う。しかも結構高そうな自転車。
 …
 … 
 夜中のコンビニのぞき見からの、「自転車乗って帰れ!」
 サドル高すぎて乗れません

・お弁当に入れるメモと、レシピノートの筆跡が違ったこと
 レシピノートを置いていなくなってしまうところ、ノートを見て一人で調理するところは、
 とても辛いシーンなのに、字が違ってきれいすぎて、興ざめです

・さやかさんの元に戻ってくるのは知っていたけれど、まさかパーティの後とは!
 途中で帰ったさやかさんより、招待側のイツキ君が先に着いているのはなぜ?
 一度通ったのに気づかないのはなぜ?

・ファンの人には怒られちゃうだろうけれど、イツキ君がもう少し演技が上手なら。

こういうのをいちいち気にしてしまい、楽しめない。



ただふと我に返ると、こんなキュンキュンしてみていていいんでしょうか?
娘がもう一人暮らしを始めているのです。 
私は母。 
映画でいうと、宮崎美子さんの立場です。
小説では 「親が知ったら卒倒するだろう」 と書かれてます。その通りです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2016/06/04 21:12】 | 映画・DVD
【タグ】 植物図鑑  有川浩  
トラックバック(0) |

この夏みた映画
ジュラシック・ワールド と HERO

ジュラシック・ワールド は 4作目となるけれど
続編の2,3よりは良かったのかな。
1は、最近テレビでもやってたので観ましたが、何度見ても面白い。
斬新だったというのもあるけれど。


さて、本作。
恐竜が脱走して、地獄絵図になるまでが、長い、長すぎる。
それまでが退屈でした。

逃げ出した翼竜はどこまで飛んで拡散するのだろうか?
日本にまで飛んでくるのだろうか? 心配だ。
5作目は、再びロストワールドか?




HERO
こちらも、続編というか、
ドラマ、映画、ドラマ、映画。
今回は法廷シーンがなかったです。
最近、別の小説「テミスの剣」というのを読んだので
また、テミス像を見たかったのに…

それから、多くの小笑いを取りに走っている、という印象。

ネタバレ入りますが…




ちょっと改行しよう…






あの建物に居たという 2つの証拠が簡単に見つかりすぎませんか。
まあ建物に入るだけでも大変でしょうが。



一度通っただけであんな小さいものが見つかるか?

2回ともちょうど、長い針が… の時間。偶然?



あと大筋に全然関係ないですが

おでんの屋台で、からしを使って返すときに見えたチューブの
フタがピンクだったんですけれど、
それは 本当にからしですか? にんにくではないですか?
と思っていたら、急に大きな展開になってしまいました。


ラストは、… まだ続編がありそうな終わり方でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ


web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

【2015/09/06 22:37】 | 映画・DVD
トラックバック(0) |
映画・図書館戦争を見ました。

有川さんの作品を最初に読んだのが「単行本の図書館戦争」で
それから過去の作品に遡って読んで
その後は、新しいのが出る都度読んでいたので
逆に、映像化したのを見るとがっかりするかもしれない、
と思ったのですが、
(テレビアニメは結構がっかりでした)

長期休職中の最後の日。見にいってよかったです。
(有休が残っていたので、有休扱い。
 病欠ではないので、遊びに行ってもいいはず…
 リハビリ勤務が始まります。)
web拍手 by FC2
まず、図書館について。
素敵な図書館ですね。
新潟の図書館を撮影に利用したと、テレビの映画宣伝で言っていたような。
書庫もすごく広くて立派ですが、同じ図書館にあるのでしょうかね。

キャストについて
事前の感想。
柴崎役の栗山千明さんは結構イメージ通り(でももうちょっと華奢なイメージだったかな)
郁の役が、榮倉奈々さん。
それぞれはイメージがあっていると思ったのですが、
思っていたのと身長が逆だったので、OKでした。

映像を見ると…
榮倉さんは思っていたより、背が高くて機敏で、おっちょこちょいで…と、郁になってました。
怒れるチビ・堂上教官の岡田准一は、郁と並ぶと小説と同じイメージの身長差。
やっぱり榮倉さん、大きいんですね。(それとも並ぶとき、ハイヒールでした?)
「SP」のアクションのイメージが残っていたので、意外とあっているかも。

小牧さん、折口さんも結構あってる。
手塚はまあまあ。
玄田さんはもっとごっついイメージをもってました。

日野の悪夢で片足を失った稲嶺さん。
稲嶺さん役が児玉清さんだったのはよかったです。
もうお亡くなりになっているので、写真だけでしたが…

児玉さんは有川作品ファンで、
文庫版の図書館戦争シリーズ阪急電車の巻末に対談があって、
漫画の稲嶺さんは児玉清さんのイメージで、とお願いした、と書いてあったので。
文庫版「図書館革命」の巻末対談より。
(私は漫画は読んでません。)


最後の稲嶺さん誘拐からの奪還シーンでは「義足」が必要なので、
稲嶺さんの代わりに、オリジナルにはない仁科さんという人の役で
石坂浩二さんが登場。
奪還シーンは、原作よりかなり派手に。

内容について
結構原作に忠実だったと思います。
(クマパンチはなくて、残念? 
 その代わり、暴風でテントの一部が飛んで…、
 短時間で必要な内容を盛り込むにはこちらの方が有効だったと思います)

小説では本編が4巻まであって、(最初の予定では3巻までだったらしい。(文庫版の対談より))
映画では、その1巻目の「図書館戦争」のところで終わり。
続編もあるんでしょうかね?

アニメは1~3巻までを深夜のテレビで、最後の長編を映画でやってましたね。

ドラマ「空飛ぶ広報室」、
これから公開の映画「県庁おもてなし課」
など、有川作品、ノリにノッてますね。



ブログランキング・にほんブログ村へ


Read More を閉じる▲

FC2blog テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2013/05/08 20:40】 | 映画・DVD
【タグ】 有川浩  
トラックバック(0) |
「天地明察」小説版とは随分違うと知り合いから聞いていたので
それを覚悟して、DVDレンタルしました。
ストーリーよりも何より気になっていたのが算術の問題。
小説では間違いが多かったもので、(囲碁なども違うらしいけれどわからないので気づかず)
映画だと専門家の監修がつくので大丈夫だろうとは思っていましたが…

本をもう手放してしまったので、今比較できませんが、記憶のなかで。

映画では、主人公・算哲(小説では最初から晴海でした)が屋根の上で
天体観測していて、小さい頃から星好き、となっていたところはよかったかな、と思いました。
こんなところで、火の矢で攻められる、恩師の死、
妻に怒鳴る主人公、切腹未遂(武士でなくても必要?)
3つの暦で日蝕のあたりはずれの勝負、とか、こんなんだったっけ?と思いながらみてました。
別に違ってもいいし、エンタメ性があって、まあいいのではないでしょうか。
でも、この時代、大衆の面前で抱き合う、というのはどうなんだろう…??
西洋から取り寄せた地図で日本が真ん中にあるというのも。

さて、算術の前にもっと気になる点が。
それは、かつら(?)。
髪の毛や眉毛を剃らずに、被り物でもっこりしていて
顔・頭のバランスが、普通の人間ではない感じの本因坊
宮の人の眉毛も、とってつけた感じ。
気になって仕方ありませんでした。

算術の件ですが。
問題が書かれた絵馬や、塾の壁の問題をパッとみるに
小説にあった大小正方形の対角線や順に大きくなっていく15個の円はありませんでした。

映画のなかで、算数の問題がはっきり読み上げられたのは、1問だけでした。
「直径が1尺で弦が9寸であるとき、弧背はいくらか?」
弦と円の接点と中心とで三角を書いて、それを半分の三角にしてその角度が分かればいいので
懐かしの sinを使って式を立てました。
その角度の計算が…?? ネットではsinの計算ができるサイトがあったので
やってみて、それを2倍して角度を求めました。
11.19…
自分の計算とお話の解答と合っていていてホッとしました。
ただ、この時代にも三角関数があったのか、
私は角度θの計算ができないので、ネットを頼ってしまったけれど
映画に出てくる、算盤と升目の計算のツールでこんな計算ができるのだろうか…?


小説を読んだときの記事
「天地明察」途中ですが…
「天地明察」途中ですが…(2)
「天地明察」(冲方 丁 著) 読了

(追記)
http://www.saigyo.org/blog/index.php?UID=1348925903
これは私の計算方法と同じ。現代風、と書いてある

安井算哲のものと思しき解法はこちら。何が何だか私の頭では、???
http://www.saigyo.org/blog/index.php?UID=1349826804

なんか見覚えがあると思ったら、3年程前、小説を読んで、引っかかったときに
お世話になった、西行庵さんのブログでした。
ということで、映画鑑賞の感想の記事を見てみるとなかなか手厳しい。
http://www.saigyo.org/blog/index.php?UID=1348836399



ブログランキング・にほんブログ村へ
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2013/04/10 23:28】 | 映画・DVD
【タグ】 冲方丁  
トラックバック(0) |
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
発売日:2012-12-05


私のおすすめ度 ★★★★☆ 思い切って観てよかったです
実話を元にしたお話。
サーフィン一家で、サーフィンがすごく好きな女の子・ベサニーが、
サメに襲われて片腕が無くなってしまう。
でも、あきらめずにまた挑戦していく、
というのが事前にわかっていた情報。

我が娘より幼い子が、片腕が無くなってしまったのに立派に復帰していくなんて…

ツタヤディスカスで予約して、届いたものの、しばらく見れずにいました。
自分の精神状態が急激に悪化、
気分転換に何か別のことを、映画を、と思っても
でもこの少女とは全く比べ物のにならないのはわかりきっている、
でも、見ることができなかった。
見ずに返すことも考えたけれど、思い切って見てました。

サメに襲われる、ということがわかって見ているので
最初から、海のシーンではずっとドキドキしっぱなしでした。

片腕になってしまって、痛いし、辛いし、色々思うところあると思うのだけれど
そこはさらっと、少しだけ
あとは前向き、家族団結、…
ハワイの綺麗な海や、迫力あるサーフィンのシーンもよかったです。

エンディングには、本人の姿も
またDVDの特典映像には、インタビューや撮影秘話なども。
サーフィンシーン、遠目だけれどなんか、大きくガッチリした感じに見えたのですが
やっぱり本人によるスタントですよね(^_^;)
本人と役者さん、並ぶと全然体格違ってたんですもの…

記事を書くにあたって、改めてDVDのパッケージの写真を見ると、
???
左側からボードと腕を食いちぎられたのですが…
乗っていたボードは表(?)も裏も赤、白、青の三色




ブログランキング・にほんブログ村へ
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2013/01/19 01:19】 | 映画・DVD
トラックバック(0) |