ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など


見開き右側はいつも、表紙と同じタッチの不思議な感じをかもしだしているイラスト、文字は左側だけです。
薄いので、すぐ読み終わります。
実は、娘がやっている、「チャレンジ」の中のお勧め本に載っていたので、借りてみたのですが、娘は見向きもせず、私がよみました。
ぜひ、読ませたいと思いました。(すぐ読めることだし。でも「青い鳥文庫」以外は結構頑なに拒否中 ^_^;)

アルを生むときに亡くなってしまったお母さん。
それを受け入れらないお父さん。
いつお母さんは帰ってくるのかとの息子の問いに、ついつい「雪が降ったら」と。
以来、南へ南へと旅する親子。 そこにまさか30年ぶりの雪が…
澄んだ心のアルに癒される感じでした。(お父さんはちょっと情けないけれど)
web拍手 by FC2

【2009/03/31 23:27】 | 読書
【タグ】 辻仁成  
トラックバック(0) |