ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
前回の記事の積読ビックウェーブ!
全く減りません。その後も図書館で結構待った本が割り当てされたりして(^_^;)
『砂漠の悪魔』は時間がなくなって読まずに返却。
この大波が収まったら借りることにしよう。
辻村深月さんの「朝が来る」も随分待っていたのですが、割り当てが来て土曜日に借りてきました。

最近は通勤ラッシュの中、文庫本ではなく、単行本も頑張って(?)持って行って読んでます。
あとは、手元に読むものがなくなってしまったときに読もうと思って、スマホに入れた電子書籍。

今年の目標も昨年と同じく、
1ヶ月に1冊は真面目な本(自己啓発本的な)を読む、
としておこうと思ったのですが、読まないままに1ヶ月経ってしまいました。
無理にあてはめるなら『墨を読む』か『「国際人」はじめました。』 だろうか?
まあ、2月に何か読む、ということにしましょうか。

そんななか…本を買ってしまいました。
有川浩さんのエッセイ本(読みかけ)、東野圭吾さんの新作

倒れるときは前のめり
倒れるときは前のめり 
 
人魚の眠る家
人魚の眠る家

これらを、図書館返却の合間に読んで、…
そのあと、妹からもらった『和菓子栗丸堂』か『居酒屋ぼったくり』 になるだろうか。
コロボックル2~6には手がまわらない(^_^;)

Sayakaの本棚 - 2016年01月 (15作品)






空色の小鳥
大崎梢
読了日:01月19日
評価4





理系の人々
よしたに
読了日:01月27日
評価2

理系の人々 2
よしたに
読了日:01月28日
評価1



powered by booklog




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2016/02/01 23:32】 | 読書
【タグ】 百波秋丸  喜多喜久  佐藤さとる  辻村深月  青柳碧人  碧野圭  大崎梢  伊坂幸太郎  篠田桃紅  三浦しをん  
トラックバック(0) |