ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
植物図鑑
植物図鑑

→初読

映画観た後、また読みたくなって
旦那に貸していたのを、返してもらって読みました。
やっぱり小説のほうが細かい心情が書いてあってよいな。

再読&映画と比べて

拾うところの違和感、小説ではまあまあギリギリ許せるけれど映画での
行き倒れているところとか
「性別わきまえてる?」とか ベッドに運んだ翌朝の会話とがないので、さらに違和感

裏表紙の絵が印象的ですが、途中から2台になったんですね。小説のほうは。

小説では、イツキの注意事項と それを「あとがき」で引用した(?)有川さん
「自分で間違わない自信のあるもの以外は手ぇ出しちゃだめだぞ。うろ覚えのものに手を出して中毒起こしたって事件、飽きもせず毎年あるからな」

映画では、注意された記憶がないな



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2016/06/12 15:43】 | 読書
【タグ】 有川浩  
トラックバック(0) |