ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
先日書いた記事「自家製酵素シロップ作り & 科学的疑問」について
教えて頂いたことがあります。
先の記事で青字で書いた部分と参考ページ「発酵ジュースと酵素ジュース」
 http://hakkou.or.jp/blog/?p=5272 
(日本発酵文化協会トップページ http://hakkou.or.jp/)です。
(ありがとうございます! 基礎医学教育研究会さま KIKKEN Lab )

それから自分なりの考えも含めて
もうちょっと暖かくなったら、これからはこうやっていこうと思います。

果物類のほかに米麹も少し混ぜ
手では混ぜず、洗ったスプーン等でまぜる
「発酵ジュース」として楽しむ。



・皮膚常在菌が体内でも良い働きをするのか疑問がぬぐえない以上に
雑菌の混入、増殖が心配だからです。

 皮膚常在菌も活用するために、手洗いは石鹸を使わないように、という注意されています。
雑菌も心配ですし、今の時期だと手荒れしてハンドクリームを塗ったりしているので、
流水だけで洗う手で、生の食品をいじる気がありません。
嫌な感じをしながら行うものは、気持ちの面からもよくないと思ったので。

・口から入れた酵素、菌?が、どの程度体内で役立つのかはわかりませんが
 納豆、ヨーグルト、その他発酵食品の類のレベルと期待して。

・「砂糖はブドウ糖と果糖に分解され、いずれブドウ糖になる」
  「いずれブドウ糖になる」ことが理解できなかったのと、
  口からブドウ糖を大量に入れることに、どういう良い効果があるかがわからないので
 この「効能書き」についての考えは保留にします。


こうなると、毎年6月に作っている、梅のハチミツ漬けシロップ と似たり寄ったりかな?
(昨年は、腱鞘炎で梅シロップも梅酒も断念したけれど)




ブログランキング・にほんブログ村へ

web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:手づくりを楽しもう - ジャンル:趣味・実用

【2017/01/09 12:47】 | 今日の思い
トラックバック(0) |