FC2ブログ
ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
引き続き、プロフェッショナル 仕事の流儀 一万円選書のいわた書店お勧めの本、
そして古本市で得た本などで、お初の作家さんのものが多いです。

『真夜中のパン屋さん』はシリーズラスト2冊をまとめて読みました。

2か月分なのに12冊。
今年はは体調?目の調子? 
冊数で語るわけではないですが、のんびりペース

8月9月のの数は38だと思います。

Sayakaの本棚 - 2018年08月 (7作品)
1ミリの後悔もない、はずがない

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部 「本がないなら作ればいい7」

瑕疵借り (講談社文庫)

ファイティング寿限無

真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)

隣りの女 (文春文庫)

powered by Booklog


Sayakaの本棚 - 2018年09月 (5作品)
天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)

トリツカレ男 (新潮文庫)

玉村警部補の巡礼
玉村警部補の巡礼
海堂尊
読了日:09月17日
評価3

横道世之介 (文春文庫)

顔に魅せられた人生

powered by Booklog




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ



関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2018/10/13 14:24】 | 読書
【タグ】 一木けい  鈴華  松岡圭祐  立川談四楼  大沼紀子  向田邦子  桐野夏生  いしいしんじ  海堂尊  吉田修一  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック