ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など

ここのところ、有川さん、海堂さん、坂木さんのお三方の作品がサイクルとなっていますが…
今日は坂木さん。色々な職業が登場していますが、今回はクリーニングやさんです。
他には定食・コーヒーが美味しい喫茶店、あと商店街の色々なお店。
web拍手 by FC2
クリーニング屋の息子・和也は、就職活動敗戦続きの折、お父さんが急死してしまい、家業を継ぐことに。
お父さんが担当していたクリーニングの部分は工場に任せて、アイロンをシゲさん、受付をおばさん三人でローテーション。
和也はお得意さんをまわって集荷するのが仕事。
預かるときは、シミ、ボタン、ポケットの中などを入念にチェック。後日のトラブル、賠償にもなるので大事なチェックポイントだそうで。
預かる服、集荷・受け取りの時間帯などから、お客さんが困っていることをおせっかいながら解決していきます。
解決するのは、和也ではなく、友達で喫茶店でバイト中?の沢田。和也からのわずかな情報を頼りに、ほぼピンポイントで話をする場へのお誘いの「魔法の言葉」を和也に伝えて、お話の場へとみごとに誘い、そして悩み事をずばりあてて、心を開かせる…

春・夏・秋・冬の4話 約1年分で、その場しのぎ的に始めたクリーニングの仕事も、クリーニングの知識を得、お得意さんへの応対方法も考え、成長していき、また一度登場した人物が次の話にも登場してくる…
先日読んだ引きこもり3部作「青空の卵」「仔羊の巣」「動物園の鳥」の坂木と鳥井に似ているなぁ。
面白いし、クリーニングの裏話、知っていてお徳な情報もあったので、前作と雰囲気が似ていても全然問題ないですが。
関連記事


Read More を閉じる▲
クリーニング屋の息子・和也は、就職活動敗戦続きの折、お父さんが急死してしまい、家業を継ぐことに。
お父さんが担当していたクリーニングの部分は工場に任せて、アイロンをシゲさん、受付をおばさん三人でローテーション。
和也はお得意さんをまわって集荷するのが仕事。
預かるときは、シミ、ボタン、ポケットの中などを入念にチェック。後日のトラブル、賠償にもなるので大事なチェックポイントだそうで。
預かる服、集荷・受け取りの時間帯などから、お客さんが困っていることをおせっかいながら解決していきます。
解決するのは、和也ではなく、友達で喫茶店でバイト中?の沢田。和也からのわずかな情報を頼りに、ほぼピンポイントで話をする場へのお誘いの「魔法の言葉」を和也に伝えて、お話の場へとみごとに誘い、そして悩み事をずばりあてて、心を開かせる…

春・夏・秋・冬の4話 約1年分で、その場しのぎ的に始めたクリーニングの仕事も、クリーニングの知識を得、お得意さんへの応対方法も考え、成長していき、また一度登場した人物が次の話にも登場してくる…
先日読んだ引きこもり3部作「青空の卵」「仔羊の巣」「動物園の鳥」の坂木と鳥井に似ているなぁ。
面白いし、クリーニングの裏話、知っていてお徳な情報もあったので、前作と雰囲気が似ていても全然問題ないですが。
関連記事

【2008/07/16 22:46】 | 読書
【タグ】 坂木司  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック