ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など


自衛官の恋愛小説6編です。
単に恋愛物というわけではなくて、有事の時に、と考えての発言なども。相変わらず、凛々しいのと、とろけそうな恋愛話のギャップがなんともいえません。
以前読んだ「クジラの彼」と同じような構成です。ただ今回のは別の小説に出てきた人物ではなくて新たに登場する自衛官のようです。
web拍手 by FC2
1編めは、突っ走り系の広報自衛官の女の子と、その先輩でありながら階級は下の男の子がペアで、新しい広報のコラムコーナーとしてしつこく迫るのは、「奥様とのナレソメ」(*^_^*)でも突っ走り系女の子ちゃんも自衛官であるからして、ちゃんと考えがあってのコーナーとのことで…。最後突然「えっ~!?」て感じで終わりますが、実はこの女の子にもスポットがあたって最後の編に登場します。

上官の娘と秘密に付き合っていた、秘め事編とか、ストーカーっぽい美人の怖ろしい話なども。
読んでいて甘さにグッタリしつつ、ホロッっとしてしまうところも…(オタクの彼のベッドの天井に貼ってあったものとか、主役でもないのに宮崎さんのこととか…)でも面白かったです。
やはり、外出先、電車の中などでなくて、家で読むことをオススメします。
関連記事


Read More を閉じる▲
1編めは、突っ走り系の広報自衛官の女の子と、その先輩でありながら階級は下の男の子がペアで、新しい広報のコラムコーナーとしてしつこく迫るのは、「奥様とのナレソメ」(*^_^*)でも突っ走り系女の子ちゃんも自衛官であるからして、ちゃんと考えがあってのコーナーとのことで…。最後突然「えっ~!?」て感じで終わりますが、実はこの女の子にもスポットがあたって最後の編に登場します。

上官の娘と秘密に付き合っていた、秘め事編とか、ストーカーっぽい美人の怖ろしい話なども。
読んでいて甘さにグッタリしつつ、ホロッっとしてしまうところも…(オタクの彼のベッドの天井に貼ってあったものとか、主役でもないのに宮崎さんのこととか…)でも面白かったです。
やはり、外出先、電車の中などでなくて、家で読むことをオススメします。
関連記事

【2008/07/13 22:49】 | 読書
【タグ】 有川浩  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック