ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など


怖ろしく、また登場人物が多く(横文字の名前の(^_^;)、読み進めるのが大変でした。
web拍手 by FC2
死者の手を握ると、その人が死ぬまでの18秒間が見えるという能力を持つ、盲目のシェリーは、友人の刑事ペインの頼みで度々、事件に協力していた。あるとき死者の手をにぎって自分の悪夢と似たイメージを見る。
一方女刑事ケリーは、連続女性誘拐事件に。
ケリーの父(元警官・病死)に逮捕された恨みを持つサイクスが出所し、恨みを晴らす為に次々と誘拐、殺害を繰り返し、その手がケリーに。しかし手違いもあってシェリーも捕まってしまう…

腐敗臭も本当にしてきそうなくらいの、オドロオドロしさもあります。
ケリーの仕事っぷりもすごいけれど、二人の娘、別居中のダンナ(でも娘の面倒を見てもらうために、しょっちゅう行き来している)、そして新恋人に発展しそうな彼へと気持ちが揺れそうなところとかもあり。
シェリーが、最愛の人の記憶を見ることによって、初めて自分の顔を見ることになったというのも悲しくもあり、うれしくもあり、なのかな?
色々と中身の濃い作品でした。
関連記事


Read More を閉じる▲
死者の手を握ると、その人が死ぬまでの18秒間が見えるという能力を持つ、盲目のシェリーは、友人の刑事ペインの頼みで度々、事件に協力していた。あるとき死者の手をにぎって自分の悪夢と似たイメージを見る。
一方女刑事ケリーは、連続女性誘拐事件に。
ケリーの父(元警官・病死)に逮捕された恨みを持つサイクスが出所し、恨みを晴らす為に次々と誘拐、殺害を繰り返し、その手がケリーに。しかし手違いもあってシェリーも捕まってしまう…

腐敗臭も本当にしてきそうなくらいの、オドロオドロしさもあります。
ケリーの仕事っぷりもすごいけれど、二人の娘、別居中のダンナ(でも娘の面倒を見てもらうために、しょっちゅう行き来している)、そして新恋人に発展しそうな彼へと気持ちが揺れそうなところとかもあり。
シェリーが、最愛の人の記憶を見ることによって、初めて自分の顔を見ることになったというのも悲しくもあり、うれしくもあり、なのかな?
色々と中身の濃い作品でした。
関連記事

【2008/06/27 21:55】 | 読書
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック