ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など

先日読んだ、「チーム・バチスタの栄光」の続編です。
海堂さんの本、図書館ではえらく予約者がいるので、続編2冊、この本と「ジェネラル・ルージュの凱旋」は買って、予約を取り消しました。

田口先生、厚労省の変わり者・白鳥も登場します。今回は、小児病棟が舞台。
web拍手 by FC2
入院患者の少年・瑞人君、アツシ君、眼球のできる癌(網膜芽腫)の為、眼球摘出しなければならないので、メンタル面をサポートしようと看護師・小夜さんが不定愁訴外来の田口先生に依頼する。
またあの愚痴外来のお部屋も舞台。
瑞人君の手術の承諾書をなかなか出さない、どうしようもないダメ親父。小夜が承諾書のサインをもらいに行った翌日殺害されていたのを発見された。捜査には白鳥の天敵の警察庁の加納が今回新たに登場。
そして一方、大量吐血で入院した歌姫。
歌で、人の心の中にある悪意や恐怖を増幅させる力を持つ歌姫と、脳裏にあるものをそのまま聞いている人にも画像として伝えられる者、そういう特殊能力をもった看護師小夜がキーとなっている。
犯人ははじめから見当がついているし、歌の特殊能力が理解しずらいままの告白となってしまって、
う~ん、、、?
という感じでした。バチスタが面白かっただけに残念。
関連記事


Read More を閉じる▲
入院患者の少年・瑞人君、アツシ君、眼球のできる癌(網膜芽腫)の為、眼球摘出しなければならないので、メンタル面をサポートしようと看護師・小夜さんが不定愁訴外来の田口先生に依頼する。
またあの愚痴外来のお部屋も舞台。
瑞人君の手術の承諾書をなかなか出さない、どうしようもないダメ親父。小夜が承諾書のサインをもらいに行った翌日殺害されていたのを発見された。捜査には白鳥の天敵の警察庁の加納が今回新たに登場。
そして一方、大量吐血で入院した歌姫。
歌で、人の心の中にある悪意や恐怖を増幅させる力を持つ歌姫と、脳裏にあるものをそのまま聞いている人にも画像として伝えられる者、そういう特殊能力をもった看護師小夜がキーとなっている。
犯人ははじめから見当がついているし、歌の特殊能力が理解しずらいままの告白となってしまって、
う~ん、、、?
という感じでした。バチスタが面白かっただけに残念。
関連記事

【2008/06/10 22:11】 | 読書
【タグ】 海堂尊  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック