ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
思い込みだったのかもしれないし、いつの頃からか変わったのかもしれないのだけれど、区の図書館って居住地か勤務地でないと、貸し出しカードが作れないのかと思っていました。
娘の習い事(区で企画されている工芸のコース)が始まって、隔週で通うことになったんです。電車で通うのでしばらく(ずっと?)付き添いです。
その近くに区の図書館があることは前回わかって、早速利用しました。工芸コース、親がいるスペースがないので、図書館がいい時間つぶし場所になります。またレッスン終了後に再度娘と行って、しばらく本を読んだ後借りてきました。
でもこのあたり、店がなくて、昼食をとるところが1箇所しかなくて、そこは美味しくなく、量も少ないのに、いいお値段だったんです。
今回は、行きにその図書館で、本を返却し、帰りに別の最寄り駅近くの図書館に行きました。そこは区の境を越して隣の区なのですが、貸し出しカードを作ることができました。
あとで調べてみると、我が居住区の図書館も「どなたでも利用・貸し出しができる」となっていました。
隣の区の図書館は我が居住区の図書館よりもサービスがいいんです。
区内の別の館の本の取り寄せ以外に、他の区からの本の取り寄せもできるとか、マンガなどでシリーズ物のは10冊揃いで借りられるとか。
娘の習い事が隔週だし、図書館の借り出しも2週間なので、ちょうどいいサイクル。活用してみます。周りに店も多いのもマルです。

そして、今日はいつもの図書館に予約していた本が届いたというので、今日は図書館三昧、3箇所に行ってきたことになります。
関連記事
web拍手 by FC2

【2008/04/27 21:40】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック