ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など


公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」ができた、架空の現代という設定の「図書館戦争」シリーズの第4弾、最終回です。
web拍手 by FC2
すみません、第2・3弾の「図書館内乱」「図書館危機」と一気に読んで記事は書いてませんでした。
1~3冊目は、ところどころ場面が変わっていくつかのストーリーがあったのですが、第4弾は大きな1つのテーマ原発事故と、著作物に関して、そしてメディア良化法そのものを何とかしようと戦うことで一気に駆け抜けている感じでした。そして、「王子様」とのドキドキ話も。
ここ最近遠距離出張が多くて、読書がはかどったのですが、でも電車の中でおかしくなってプッと噴出してしまったところ数しれず(^_^;) 真剣な話ではあるのですが、ところどころにちりばめられたキャラの描写・言動がおかしくて。

それから、この小説の設定ほどではないけれど、現在社会でも「床屋」とか「片手おち」などが放送禁止用語なんだ…と思ったりしました。

春からアニメ化されるとのことで、その前にと思って一気に読みました(というか止まらなかったというか…(^_^;)
実は、一冊目は図書館で予約したら30人くらい待ちで、数ヶ月かかりました。読み始める前だったので待ってみました。すぐ2冊目を予約して割り当てが来たと思うのですが、引越しとかでバタバタしているうちに借り損なってしまったら、次の予約では少し待つことになりました。ここで2・3冊目を一気に読めたのですが、4冊目は昨秋出たばかりで、まだ人気が高く、また30人くらいの待ち。1冊目は数ヶ月待てましたが、4冊目はさすがに無理(^_^;) 4冊目だけ買うことに。
関連記事


Read More を閉じる▲
すみません、第2・3弾の「図書館内乱」「図書館危機」と一気に読んで記事は書いてませんでした。
1~3冊目は、ところどころ場面が変わっていくつかのストーリーがあったのですが、第4弾は大きな1つのテーマ原発事故と、著作物に関して、そしてメディア良化法そのものを何とかしようと戦うことで一気に駆け抜けている感じでした。そして、「王子様」とのドキドキ話も。
ここ最近遠距離出張が多くて、読書がはかどったのですが、でも電車の中でおかしくなってプッと噴出してしまったところ数しれず(^_^;) 真剣な話ではあるのですが、ところどころにちりばめられたキャラの描写・言動がおかしくて。

それから、この小説の設定ほどではないけれど、現在社会でも「床屋」とか「片手おち」などが放送禁止用語なんだ…と思ったりしました。

春からアニメ化されるとのことで、その前にと思って一気に読みました(というか止まらなかったというか…(^_^;)
実は、一冊目は図書館で予約したら30人くらい待ちで、数ヶ月かかりました。読み始める前だったので待ってみました。すぐ2冊目を予約して割り当てが来たと思うのですが、引越しとかでバタバタしているうちに借り損なってしまったら、次の予約では少し待つことになりました。ここで2・3冊目を一気に読めたのですが、4冊目は昨秋出たばかりで、まだ人気が高く、また30人くらいの待ち。1冊目は数ヶ月待てましたが、4冊目はさすがに無理(^_^;) 4冊目だけ買うことに。
関連記事

【2008/03/04 22:11】 | 読書
【タグ】 有川浩  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック