ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
私が川柳を作っているわけでなくて、
会社でお世話になっているおじさんが作っている川柳について
メールにて発展したお話。

あるメールで書いた私の状況に沿った、過去に作った川柳を送ってくれました。
すでに1万句を超えた自作川柳を、全て電子化してあるとのこと。
電子化してあるなら、検索できるんじゃあないですか?
と私が書いたところ、その方法を教えて、と。

まず思いついたのは、
エクスプローラで検索
検索するフォルダを選んで、ファイルの中身まで検索することも可能
(しかし会社のXPではできるんだけれど、家のVistaでは様子が違ってました)
これは、ダメだったそうです。
どうダメだったか聞かなかったのですが
ある、ありがちな用語で検索すると沢山のファイルがhitしてしまうと推察。

じゃあ、複数のファイルに分かれているものを1つのファイルにして
その中を検索するのは?
と思ったら、すでに全作品をワードに入れたのを送ってくれました。
この中を検索するのでもいいのですがこれでは、
思い出した単語で検索するにも1語ずつ、1句ずつになってしまいます。

ワードに入ったもの全てをコピーして、エクセルに貼りつけました。
ワードでは縦書きだったのですが、エクセルに貼りつけると、
特段何もせずとも横書き、1行1句になっていました。
1行目に行を挿入して、なにか項目名を入力して、
データ→オートフィルタ(エクセル2003の場合)、
▼を押して、オプション。ボックスに 検索したい文字を入れて 含む を選ぶ 
(エクセル2007ではホーム→並び替えとフィルタ→フィルタ)
にすると
その言葉を含む川柳だけが表示されます。
コレ、気に言って頂けました!

もう一つの問題としては、例えばあるお題がでて、投稿するとき
その言葉を含める場合と、その言葉を使わないで表現しないといけない場合があるそうです。
過去に作った川柳の中から探そうとすると、
前者の場合は前記方法でいいのですが、そうでない場合は無理です。
エクセルは気持ちは汲んでくれません。
ファジー(ついぞや聞かない言葉となってしまいましたが)機能はエクセルにはありません。

後者にも使えるようにするためには、句の隣のセルにキーワードを入力しておき
(複数あれば、カンマなどで区切って列挙しても可)
その列を対象にフィルタをかけ、句の列は そのキーワードを 含まない、というフィルタを
かければいいと思いますが、全ての句に索引づけするのは大変そうですね。

      この下が表示されていない場合はReed More をクリックしてください。
      エクセルの画面をはりつけて説明を加えました。 
web拍手 by FC2
私は句を作れないので、ダミーデータにて。句に「桜」を含むものだけ表示する方法です。
図はクリックすると別ウィンドウで大きくしてみられます。

エクセル2003はうちのPCには入っていないので
代わりにKingSoftのSpreadsheets(スプレッドシート)にて
(だいたい同じ画面です)

1行目に行を挿入して、なにか項目名を入力して

川柳1


データ→オートフィルタ (KingSoftの場合は「自動フィルタ」)
川柳2

▼を押して、オプション。
川柳3


ボックスに 検索したい文字を入れて 含む を選び OKをクリック
ボックスは2つあるので必要により、2つめと組みあわせることができます。
川柳4


「桜」を含む句だけ表示されました。
川柳5
 
元に戻す場合は、▼をクリックして 今度は「オプション」ではなくて「すべて」にするか
あるいは 最初の作業である データ→オートフィルタ をすると▼が消えて元に戻ります。

エクセル2007 画面、メニューの配置が随分違います。
ホーム画面にて 並び替えとフィルタ→フィルタ
川柳11

テキストフィルタ、指定の値を含む その後は2003と同様にしてできます。
川柳12

あるお題があるけれど、その言葉を使わないで作った句を探す場合
隣のセルにキーワードを入力する欄を作る。
日付や、行事の列も用意しておくと、どういう場面で詠んだ句かを探しやすくなるかもしれません。
複数あれば、カンマなどで区切って列挙しても大丈夫です。
すでに句に盛り込んだ ことば は、書かなくてもいと思います。

キーワードのところの▼を押して、なにかのキーワードは含む
句の列は そのキーワードを 含まない、というフィルタをかければ
「あるお題があるけれど、その言葉を使わないで作った句を探す場合」に対応可能かと思います。
また行事や年月日も▼を押してフィルタをかけられます。
関連記事


Read More を閉じる▲
私は句を作れないので、ダミーデータにて。句に「桜」を含むものだけ表示する方法です。
図はクリックすると別ウィンドウで大きくしてみられます。

エクセル2003はうちのPCには入っていないので
代わりにKingSoftのSpreadsheets(スプレッドシート)にて
(だいたい同じ画面です)

1行目に行を挿入して、なにか項目名を入力して

川柳1


データ→オートフィルタ (KingSoftの場合は「自動フィルタ」)
川柳2

▼を押して、オプション。
川柳3


ボックスに 検索したい文字を入れて 含む を選び OKをクリック
ボックスは2つあるので必要により、2つめと組みあわせることができます。
川柳4


「桜」を含む句だけ表示されました。
川柳5
 
元に戻す場合は、▼をクリックして 今度は「オプション」ではなくて「すべて」にするか
あるいは 最初の作業である データ→オートフィルタ をすると▼が消えて元に戻ります。

エクセル2007 画面、メニューの配置が随分違います。
ホーム画面にて 並び替えとフィルタ→フィルタ
川柳11

テキストフィルタ、指定の値を含む その後は2003と同様にしてできます。
川柳12

あるお題があるけれど、その言葉を使わないで作った句を探す場合
隣のセルにキーワードを入力する欄を作る。
日付や、行事の列も用意しておくと、どういう場面で詠んだ句かを探しやすくなるかもしれません。
複数あれば、カンマなどで区切って列挙しても大丈夫です。
すでに句に盛り込んだ ことば は、書かなくてもいと思います。

キーワードのところの▼を押して、なにかのキーワードは含む
句の列は そのキーワードを 含まない、というフィルタをかければ
「あるお題があるけれど、その言葉を使わないで作った句を探す場合」に対応可能かと思います。
また行事や年月日も▼を押してフィルタをかけられます。
関連記事

【2010/09/04 08:16】 | PC・ネットetc
【タグ】 エクセル防備録  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック