ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
「新型インフルエンザ」対策の講演会に行ってきました。学校のPTAの関係で。
岡田 晴恵さんという方でした。どうもテレビ出演もされていて(朝の、みのさんとか小倉さんの番組だそうです)有名な方だそうです。

すごい迫力のある話し方でした。怖いくらい。(最後の方で、実はインパクトを与えないとすぐに今日のことは忘れてしまうから、あえて迫力を出していると言っていました)
「新型」とはH1N1のような分類にてHの型が変わるのが「新型」であって、数年前の鳥インフルエンザ(H5N1)を忘れてませんか?
今はやりの「新型」の対策も急に必要になってしまったけれど、「鳥」の対策も必要。
先進国ではすでに数年前から対策を取っていて、十分なワクチンの量も確保しているけれど、
提言を受け入れず数が少ない日本は、全員の分はなく優先順位が決められてしまう。
「豚」の優先順位は基礎疾患のある人が先になっているけれど、「鳥」だと社会機能麻痺を考慮して、ライフラインを保持する方が優先的になる、

一度にかかると、病院がパンクするから、患者発生数の山を分散させる努力が必要
数年前の「鳥インフル」対策用のワクチンを用意したけれど、余っていて期限切れが近い
このあたり、う~ん、なるほど、と思いつつ、政府向けの発言?文句? 我々市民はどうしたら? という感じもしました。

あとは氏が作成したという、ウイルス特性や感染ルート、手洗い、うがいなどの予防DVD聴講

また、新刊 小説「隠されたパンデミック」 絵本「ローズと魔法の薬」 の紹介(読んでないのでBK-1のリンクははらず)
やっぱり、講演会には著作物の紹介が入るものか。 しかも小説・絵本ときている。
お医者さん→小説 = 海堂尊 のような感じ? 
(しかし去年参加したPTA講習会では、会場で本の購入した方はサインしてあげます、みたいなのもあったのでまだいいか)

さて、Googleで 岡田 晴恵 さんで検索すると、上の方に来るのは、氏のことをよく書いていないものなんですが
どのあたりがいけないのでしょう?
関連記事
web拍手 by FC2

【2009/11/27 22:35】 | 今日の思い
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック