ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
町長選挙

奥田 英朗 文藝春秋 2006-04
売り上げランキング : 82770

おすすめ平均 starAve
star1悩める人だけでなく、悩める島まで伊良部流に治療
star2面白いけど
star3次に期待

by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★☆☆☆ 今までの2冊ほどのインパクトがなく、作風も違う気が

「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」の伊良部先生シリーズ第三弾です。
トンデモ精神科医が意外にも、色々心の病を着実に病を治してます。

第三弾は、4話ありますが、そのうち3話は、すぐにモデルがわかる有名人。
その有名人に、こんな病を押しつけていいのかと不安になりつつ
そっちが有名すぎて、伊良部先生のキャラは薄まるし、
発行されてすぐに読んだのでないので、時代遅れのネタではあるし…
う~ん。

最後の表題作は、伊良部先生が離島に赴任して、そこでの「町長選挙」にまきこまれてしまう。
どちらにつくか、態度を明らかにしておかないといけないし
もし負けた側だと、その後の仕事の行方にも左右されてしまう、という恐ろしさがあります。
伊良部先生をどちらが味方につけるのか(診療所に通う敬老会の票も) 両陣営必死です。
ここでは、おおっぴらな不正選挙が、実のところ町を支えていたのです。

無機質な感じだった看護婦のマユミちゃん、
前作の最後から少し内面がでてきた感じですが、今回は更に存在感が増した気がします。
関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

【2010/09/15 23:35】 | 読書
【タグ】 奥田英朗  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック