ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
カウンセラー

松岡 圭祐 小学館 2003-12
売り上げランキング : 927937

おすすめ平均 starAve
star1もう一人の自分!!
star2二度美味しい
star3このペンタッチを堪能あれ

by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★★☆ 嵯峨先生の活躍、優しさすごいです

後催眠 完全版 (角川文庫)

松岡 圭祐 角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-12-25
売り上げランキング : 55083

おすすめ平均 starAve
star1シンプルさがいいです
star2これまでとは違うアプローチ
star3謎解きとしてもおもしろく

by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★☆☆ 完全版シリーズ(?)の表紙が、この内容にはあわない気が…

先日読んだ万能鑑定士…Ⅲの終わりに、Ⅳには「催眠シリーズ」の嵯峨先生が登場する
と書いてありました。
「催眠」は読んだことがあったものの、シリーズにはあと2作あると知ったので
読んでみました。
(まとめ更新のため、万能鑑定士…Ⅳも読んでしまっています。この冒頭部分に
「催眠シリーズ」の嵯峨先生について、3作を紹介されてますが、これを読まなくても大丈夫なようには
書かれている、とのこと。実際そうだったかもしれないですが…

まずは「カウンセラー」
単行本を借りてしまいましたが
今になって思えば、単行本と文庫の完全版というのと、
どう違ったのか、文庫を借りればよかったのかも、と思いました。

臨床心理士・嵯峨敏也はある小学校の女性音楽教諭に注目。
独自の音楽療法を用いて成果をあげていて、文科省からも高評価。
しかし突然一家を襲った惨劇、少年犯罪、復讐…
そこへ、冴えた嵯峨の推理と活躍。

「催眠」のときとは事件の種類が全く違いますが、嵯峨さんの活躍、執念がすごいです。

一方、「後催眠」は嵯峨さんの若い頃の話。
前2作とは全く趣きの違う内容でした。別物と思って読んだ方がよかったかもしれません。
恩師・深崎と患者がメインになっています。
純愛もの、といった感じもします。
関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

【2010/10/23 18:47】 | 読書
【タグ】 松岡圭祐  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック