ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
万能鑑定士Qの事件簿IV (角川文庫)

松岡 圭祐 角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-06-23
売り上げランキング : 12229

おすすめ平均 starAve
star1意外な展開
star24作目で一皮むけた感じ。やられた感たっぷり。
star3いいと思います

by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★★☆ 面白かったけれど初期から嵯峨先生に不信感があったので

万能鑑定士Qの事件簿V (角川文庫)

松岡 圭祐 角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-08-25
売り上げランキング : 5090

おすすめ平均 starAve
star1今まででベスト
star2すっかり定着したキャラクターに満足。
star3パリでも万能鑑定士

by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★★★ よかったです!シリーズ、盛り返した感じ

先日読んだ万能鑑定士…Ⅲの終わりに、Ⅳには「催眠シリーズ」の嵯峨先生が登場する
と書いてありましたので未読の「カウンセラー」「後催眠」先にを読みました。(前記事)
そして「催眠シリーズ」の嵯峨先生について、3作を紹介されてますが、
これを読まなくても大丈夫なようには書かれている、とのこと。
実際そうだったかもしれないし、そうでなかったかも。

「催眠」シリーズは、万能鑑定士のストーリーほど日にちが連続してないので
嵯峨先生の成長ぶりも把握しきれていないし、所属がかわっていたりしています。
それを踏まえたとしても、Ⅳの先生はどうもいままでの印象とは違う、そんな感じでした。

希少な映画グッズのコレクターの家が火事になり、プレミア品の数々が灰に。
その後も不審火が連続。狙いはある映画のポスターだったが
なぜか嵯峨、莉子、小笠原の行く先々でポスターが被害にあっていく。

嵯峨先生の印象が違ったのにはわけがありました。

Ⅴは、舞台がフランス。
なのに、高校時代の担任の先生と同級生が!
今の博識ぶりをしらない先生の対応が笑えます。

フランスの一流レストランに勤める彼。その店で食中毒が発生。
事件解明に莉子がまたまた活躍。

Ⅲが、う~ん… という感じだったけれど、Ⅳ、Ⅴは面白かったです。
一気読みできてよかったです。

もうⅥがでている模様。
書き下ろしだって書いてありましたが、すごいハイペースですね。
関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:オススメ本 - ジャンル:小説・文学

【2010/10/23 19:08】 | 読書
【タグ】 松岡圭祐  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック