ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
秋のドラマが始まって少したってから、一度記事を書いたのでその後について書いてみようと思います。
もう最終回を迎えてしまったものもありますね。先週書けばよかったですね。
本当にこの秋はいつになく沢山ドラマを見始めてしまい、また見続けてしまいました。
新しく買ったレコーダーの容量が大きく、途中で録画済みのを消さなくても
バンバン録画し続けたのと、CMを飛ばす機能があったから、というのも大きいかもしれません。

前の記事
火曜 フリーター、家を買う。有川浩さんの本は大体全部読んでいて、これも原作を先に読んでいます。
千葉ちゃんの設定が原作とは違うんですね。
原作では誠治がフリーターから正社員に昇格して
それから誠治が千葉ちゃん達を採用するんですが。
でもその他は今のところ、原作の雰囲気とあっています。
二宮君の誠治、ものすごいダメダメぶりから、3話で顔つきが変わってきていますね。


結局原作とはストーリーが随分違うというか足されているというか…、
別物と考えた方がよかったみたいですね。
悪徳商法の間の手が、武さんちにも及んできましたね。はやく引っ越しちゃえばよかったのに…。



水曜 黄金の豚
「ハケンの品格」の篠原さんと、クルクルパーマの大泉さんが、印象がかぶります。
詐欺で仮釈放中の身ですが、それをスカウトした宇津井さんとの間の秘密にしてくれ、採用。
過去に結婚詐欺で騙された相手が上司(大泉さん)。
ちょっとしたところに調査の切り口を見出し、一気に解決。
派手な電卓を打ってますが、電卓を打つのはパフォーマンスのようで
金額をしゃべる同僚は、電卓の数値を見てません。
それから「黄金の豚にお返しいただきます!」と言われても、芯子の家族以外わからないんじゃあ…
と突っ込みどころは満載だけれど、スッキリはします。
水戸黄門の印籠を見せた感じのあとは、翌日の新聞記事を眺めなら、芯子の同僚が解説。


後半から、各案件は、ちゃっちゃっと解決、それよりも優の動きが気になりますね。
いつもドラマの最初に出てくる小高い所で燃しているのは、最後に続くのですね。
茶々検査官は、いい人だったんだろうか…?
次回9話ですが、まだ最終回ではないみたい?


木曜 ナサケの女
米倉さんの威勢のよさ、格好いいですね。
直感で脱税しているかどうかわかって、失敗なしってすごいですよね。
ちょっとあり得ない感じですが、スカッとします。
こちらの巻きの終結は、最後字幕であっさり脱税額、求刑などが表示されてしまいます。
武田鉄矢の鉄子もすごいです。
いつも最後に土の下にお金を埋めている人が出てきますが
3話で鉄子の男時代の顔でしたね。謎深い人です。
最後の踊りは何なんだろう!?

「黄金の豚」とかなりかぶっている感じですね。
二人の生い立ちは、正反対ですが…


これは最終回をいち早く迎えてしまいました。
こちらも、各案件は、ちゃっちゃっと解決。
鉄子ママの素性も明らか、イチバンの説得の甲斐あって協力、懸案だった案件を解決…
やっぱり最後の踊りは謎のまま。

木曜 医龍3
1,2も見てました。
1はチームドラゴンが出来上がっていくサクセスストーリーっぽかったと記憶していますが
2から陰湿になってきました。
また、器械出しで、メスも握ってしまう看護婦さんはでてないのですね。
その代わり加藤ちゃんが復活。
荒瀬先生の金髪は見慣れてきましたが、カテーテルの黒木先生は違和感が。
慣れていくものでしょうか。


野口先生、いい味だしてますね~(ってそこから入るのもなんですが…)
ロシアのマトリョーシカ人形の、顔が野口先生になっているおみやげ、面白すぎです。

屋上から転落して、頭も心臓も強く打ったのに復活を遂げた朝田。
しかもメスなどを持つと手が震えるのに、助手として入ったオペの途中で急に復活!
機器のトラブル(というかぶつかってチューブが外れた人為ミス)で、
難しいオペが必要になってしまったときに、「オレを誰だと思ってる」と言える自信、さすがドラマです。

カテーテルの黒木先生、最初強烈でしたが、
だんだん痩せこけてきた感がありましたが病気だったのですね。
心臓外科の範疇ではないので、チームドラゴンでも治してあげられないですね。
次回最終回、二つの大きなオペを同時にしなくてはならないようで、
前回の先生も応援しにきました。


金曜 秘密
東野圭吾さんの本も結構読んでいますが、これはまだ読んでません。
でも、ドラマではもなみさんの年齢の設定が違うみたい。
ということは、彼氏のこととかも随分設定が違うのかしら?
別物として、これは、追って小説を読むことにしようと思います。


先日最終回でした。もなみが戻ってきて、お母さんと交互にでてきて、
だんだんお母さんの時間が減り、もなみオンリーに、と思っていたら…違ったようでした。
結婚式当日に、お嫁さんのお父さんから殴られる花婿さんって!
しかも相手にビックリ! 懐中時計が出てきたときに驚きました。
もなみは、相手の出生の「秘密」を知っていましたっけ?

ようやく予約していた本、図書館から割り当ての連絡が来ました。今日借りてきます。


日曜 獣医ドリトル
原作は読んでません。
色々なタイプの獣医さんが色濃く描かれていて面白いです。
他の獣医は安楽死を勧めるほどの状態でも、オペを成功できる安心感があります。
うちでは、ハムスターが一時いたくらいで、獣医さんのお世話になったことがなくて
知らないことが沢山。思った以上にお金もかかるんですね。


無愛想だけれど、ペットを成功率100%で治して、そして飼い主さんの人間関係なども修復し、
結構いい人なのかも、と感じさせるドリトル先生。
同級生の花菱先生と、土門会長との取引みたいのが重くのしかかってきています。
花菱先生がオペをできない、という告白を番組でしたので、
その反響がメインになってくるのでしょう。

関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2010/12/12 08:07】 | 今日の思い
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック