ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
映画「秘密」をテレビで見ました。
ここのところで一気に、ドラマ、小説、映画という順で。
映画は時間の関係かもしれませんが、
梶川の複雑な家族のうち、息子さんしか出ませんでしたね。
結婚相手になるのだから、はずせませんが。
結構印象も違いました。

藻奈美の年齢は高校~大学。大学のサークルはヨットで、
原作とドラマの、テニス部より豪華ですね。

また、雪道、事故現場の映像もすごいです。
普通の除雪とは思えないくらい、道路の両側に高く積もったというか、
無理やり雪をどけて道を作った感じの(春の黒部・立山、を思わせるような)道路、
転落現場の落差。

既に内容知ってから見たせいもあるでしょうか、
諸々、淡々というか唐突というか、どんどん進んでいくのがもったいない感じでした。
放送の為、カットされたところもあったかもしれませんが。
ちょっと残念な感でした。

しかし、「宇宙人」はないよなぁと思いました。
結構大事な場面なのに…

アゴを撫でるのが直子。それで見分けるんですね!
ネコですか?!

ラスト、指輪と直子の秘密についても
原作、映画、ドラマ随分違いますね。

原作とドラマは、時計屋さんで
直子は結婚指輪を使って新しい結婚指輪を作り
平ちゃんは、式当日、懐中時計を修理してもらいにいき
そこで、時計やの主人に、直子が平ちゃんに内緒に、と口止めしているのに
「夫婦揃って形見で出席か」と言ってしまったことで
直子は消えていなかったのか、と疑いを持った、
というところで問いただしていなかったのです。

藻奈美ではなく、ずっと直子だったと確認したのは映画。
指輪はクマのぬいぐるみに入れたまま、特に隠そうとせず。
あそこにクマがあったら、皆 「何コレ?」って聞きそう。
懐中時計も時計屋さんも登場していないので、仕方ないのでしょうか。

原作は、このあと悲しいいばかり、という感じ。
新郎を別室に呼び出し、二発殴るといったものの、
拳を固めて振り上げる前に涙があふれて、座り込んで泣き出したところで、終わりです。

映画、ドラマは直子の新しい人生、平ちゃんの割り切った感じ、がありました。
関連記事
web拍手 by FC2

【2010/12/21 00:05】 | 今日の思い
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック