ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
千里眼クラシックシリーズを読み始めていましたが
4巻目 千里眼の復讐 の途中でギブアップしようか迷っています。

香港の護養所で見つかった大量の死体。それは描写が短く、なんとか持ちこたえたものの
山手トンネルの中のところで、もうダメです。
読み進められません。
ドラマ、映画とかだったら、目をつぶって、そのシーンが終わるまで
音だけ聞いてやりすごしてしまうところですが
本なので、どうにもなりません。
クリスマスに(クリスチャンでないですが)、酷いシーンを読んでしまいました。

トンネルを抜けたところから、読むのを再開したら、
話がわからなくなってしまいますかね…。

この後の方の巻では、以前読んだニュアージュの一ノ瀬さんも出るので
読み続けたい気もしますが…
関連記事
web拍手 by FC2

【2010/12/25 23:05】 | 読書
【タグ】 松岡圭祐  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック