ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
超訳百人一首 うた恋い。

杉田 圭 メディアファクトリー 2010-08-04
売り上げランキング : 318
by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★★★ (専門家以外の?)大人にもオススメ

百人一首大会が終わってからで、なんですが…
もっと早くに買ってあげればよかった。

実は頼まれたのは、「ちはやふる」という漫画なのです。
学校の図書館にもあるらしいのですが(@_@)
人気で予約待ちでいっぱいらしく。
国語の先生もプリントで紹介していました。

そしてこれをこちらの図書館で探すと予約待ち多数。
買ってしまおう、探しているうちに、この本も知り買ってしまいました。
娘がよくみているニコニコ動画発とのこと。

絵も、いかにも、歴史漫画 といった古風な絵ではなくて
今風の顔、髪型・髪色だったりして娘が好きそう。

恋関係にまつわる6つのストーリー
まずは和歌
それを詠んだ人と相手、そして他にもかかわっている人がいたらその人も
簡単な人物紹介、ストーリーと
そして最後に藤原定家による、当時の時代背景や恋愛事情を解説した「ていかメモ」が。
6つめのストーリーでは2つの和歌に関してのものでした。

一応私の高校時代の古文の授業でも、意味は習った気がしますが
その和歌、単独で意味が書いてあってとしてもしっくりこない、というのはありましたね。
このような背景がわかると、頭に入りやすいのではないでしょうかね。
巻末に参考文献が多数挙げてあり、かなり勉強して
当時の状況を描かれたのだと思います。

また巻末には百首すべての超訳が収録されています。
(そいうえば、これも一部見覚えが…
 国語の先生のプリントもココから取ったか…)

娘の為に買いましたが、親も結構気に入ってしまったのです。

いずれまた、スポットをあててストーリー仕立ての続編がでるのを期待しています。
関連記事
web拍手 by FC2

【2011/01/23 22:28】 | 子ども
【タグ】 杉田圭  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック