ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
先週末~月曜日にかけて、地域の中学 合同の展覧会がありました。

娘に「なにか選ばれたの?」と聞いたけれど、「知らない」と。
小学校のときは、大抵、写生会には選ばれ、
夏の工作も(父親の助けもあるけれど)選ばれることが多く
選ばれて展示してあることを知っていて見に行っていたのですが。
ちょっと期待しつつ聞いたのだけれど、つれない返事。

週末行きそびれてしまい、月曜最終日の昼、
会社の昼休みに自転車急いでこいで、行ってきました。

中学名を先見て会場内を急いで回ってみました。
習字~絵、工作、家庭科の作品など、分野ごとにあるので
会場内のあちこちに散らばっていましたが
どれも、昨年秋の文化祭にあったものから選ばれた作品がありました
 =>全部家に持って帰ってきたなぁ。 娘のは展示されてないんだ…
と思って、あとは別の中学に通っている知人の娘さんの作品を見つけたくらいで
帰ってきてしまいました。



水曜日付けで、クラス便りが。
それによると、なんと我が娘の作品、しかも文化祭には展示していなかったジャンルので
選ばれた、ということではないか!!!
娘も出展されたとは知らなかったそうです。

知っていたら、もっと隈なく見て、探し出したと思うのですが、
もっと早く学年便りをくれれば、と思います。
私も週末、時間がないわけでなかったので、
じっくり時間をかけて見に行っていればよかったのですが…

ああ、残念!
関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:中高生の親 - ジャンル:学校・教育

【2011/02/02 22:22】 | 子ども
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック