ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
映像化したらガッカリするだろうけれど、見てみたいと思った、松岡圭祐シリーズ、その4

web拍手 by FC2
これも映画のDVD化だと思っていて、この記事を書く段になって、違うとわかりました。
Amazonの画像リンクをつけようと思ったら、商品が見当たらず、
Google検索により映像化したらWikipediaで、わかりました。

Wikipediaより
DVD『千里眼 キネシクス・アイ』
シリーズ10周年記念として同名タイトルの小説単行本にDVDを封入し期間限定発売された。 当初のタイトルは単に「千里眼」だったが、後にCGカットを刷新しDVDレンタル版の発売が決まり、タイトルも「千里眼 キネシクス・アイ」になった。 なお内容は原作の「千里眼 The Start」他を元にしたものであり、小説版「千里眼 キネシクス・アイ」のストーリーの映像化ではない(前日譚の要素はある)。


映画でないから、予算的に諸々無理があった、ということでしょうかね。
普通の映画よりもお金かかりそうな場面が沢山あったのに…

DVDを見てストーリーがつぎはぎ、ちゃちな映像、短すぎ…で愕然としましたが、
この事情を知り、仕方ないのかな、と思いました。
ただ昨年末から一気読みに近い状態で、(順番は正しくなかったのですが)
これが「千里眼」のラストなのです。
普通の順序で読んだら、尚更ラストでしたね。

小説でいう、スタートライン、美由紀が災難救助を勝手に行い辞職。
友里の元で学んで臨床心理士に。
そして、一気に小説でいう、ラストの「キネシクス・アイ」無人ステルス機が登場

アメリカ人も中東の人も日本語喋っているし
美由紀が操縦するとなぜかとても戦車が機敏になるし
戦車、ステルス機、煙・炎がちゃっちい。

全世界主要都市を破壊するステルス機の中枢を破壊、
久保田刑事がその賛辞の電話を美由紀が捕まらないからと友里の携帯へ。
友里の態度がちょっと変わって本性を出した感じ。
なんで美由紀の携帯にかけないのだろうか。

阿諛子が出てきてスクリーンに観音の写真が出てきて
ちょっと海辺にいる美由紀がうつって
で、次にもう1つぐらい事件が起きるのかと思ったら、まさかのエンドロール(@_@)

原作はもちろん、脚本、監督まで松岡氏です。
今までのみた映画化のは小学館だったから、とか
脚本、監督が違うから、などと思って
ガッカリの言い訳考えていたんですが…
関連記事


Read More を閉じる▲
これも映画のDVD化だと思っていて、この記事を書く段になって、違うとわかりました。
Amazonの画像リンクをつけようと思ったら、商品が見当たらず、
Google検索により映像化したらWikipediaで、わかりました。

Wikipediaより
DVD『千里眼 キネシクス・アイ』
シリーズ10周年記念として同名タイトルの小説単行本にDVDを封入し期間限定発売された。 当初のタイトルは単に「千里眼」だったが、後にCGカットを刷新しDVDレンタル版の発売が決まり、タイトルも「千里眼 キネシクス・アイ」になった。 なお内容は原作の「千里眼 The Start」他を元にしたものであり、小説版「千里眼 キネシクス・アイ」のストーリーの映像化ではない(前日譚の要素はある)。


映画でないから、予算的に諸々無理があった、ということでしょうかね。
普通の映画よりもお金かかりそうな場面が沢山あったのに…

DVDを見てストーリーがつぎはぎ、ちゃちな映像、短すぎ…で愕然としましたが、
この事情を知り、仕方ないのかな、と思いました。
ただ昨年末から一気読みに近い状態で、(順番は正しくなかったのですが)
これが「千里眼」のラストなのです。
普通の順序で読んだら、尚更ラストでしたね。

小説でいう、スタートライン、美由紀が災難救助を勝手に行い辞職。
友里の元で学んで臨床心理士に。
そして、一気に小説でいう、ラストの「キネシクス・アイ」無人ステルス機が登場

アメリカ人も中東の人も日本語喋っているし
美由紀が操縦するとなぜかとても戦車が機敏になるし
戦車、ステルス機、煙・炎がちゃっちい。

全世界主要都市を破壊するステルス機の中枢を破壊、
久保田刑事がその賛辞の電話を美由紀が捕まらないからと友里の携帯へ。
友里の態度がちょっと変わって本性を出した感じ。
なんで美由紀の携帯にかけないのだろうか。

阿諛子が出てきてスクリーンに観音の写真が出てきて
ちょっと海辺にいる美由紀がうつって
で、次にもう1つぐらい事件が起きるのかと思ったら、まさかのエンドロール(@_@)

原作はもちろん、脚本、監督まで松岡氏です。
今までのみた映画化のは小学館だったから、とか
脚本、監督が違うから、などと思って
ガッカリの言い訳考えていたんですが…
関連記事

【2011/02/13 23:53】 | 映画・DVD
【タグ】 松岡圭祐  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック