ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
アリアドネの弾丸

海堂 尊 宝島社 2010-09-10
売り上げランキング : 5711
by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★☆☆ 最近の海堂作品の中ではよかったような…

チーム・バチスタの“田口&白鳥”の医療ミステリ。

東城大学病院に導入された新型MRI・コロンブスエッグの周辺で2人が亡くなった。
一人はコロンブスエッグの調整をしていた業者の人。
死因不明だが事件性はないと片付けられてしまう。

web拍手 by FC2
一方、田口先生は新たに設立するエーアイセンターのセンター長にされてしまう。
そして放射線科、法医学、監察医など色々な権力のしがらみもあり、副センター長が大勢。
中には元警察庁刑事局局長・北山も。
それぞれの立場からの主張が強く、度々開催される会議も平行線。

そんななか、二人目が亡くなった。
警察側・北川元局長。
拳銃で撃たれ、近くに気を失った高階病院長。
病院長は犯人に仕立てられ、さらには、収賄の容疑もかけられてしまう。

MRIの仕組みなども説明もあり、それがトリックになっていて、
最後は少し面白くなってきました。
でも途中までダラダラ感が否めず、つらかったです。
そして、最近読んだ海堂氏の話は、私的にはずっとハズレでした。
最近は医療界の話ではあるけれど、ミステリではなかったのです。
海堂氏は医療ミステリの方がよいと思います。

今までの作品だと、Aiを広めるのに、対厚労省。
という感じでしがた、今回は対警察。
実際色々海堂氏の苦難の道のりがあったのかもしれませんが、
そろそろもういいかな、という気がしてきました。

今回わずかしか登場しない、「螺鈿迷宮」のときの小百合。
隠し弾を持っているかのような感じで、そうでもなかった。
しかし、出来上がったエーアイセンターは、でんでん虫型。
まだ話が続くのですね。
しかし、「螺鈿迷宮」は出版社が違うのですが、全部順に読んでいかないと
ついて行けない話なんだな、と思ってしまいました。

関連記事


Read More を閉じる▲
一方、田口先生は新たに設立するエーアイセンターのセンター長にされてしまう。
そして放射線科、法医学、監察医など色々な権力のしがらみもあり、副センター長が大勢。
中には元警察庁刑事局局長・北山も。
それぞれの立場からの主張が強く、度々開催される会議も平行線。

そんななか、二人目が亡くなった。
警察側・北川元局長。
拳銃で撃たれ、近くに気を失った高階病院長。
病院長は犯人に仕立てられ、さらには、収賄の容疑もかけられてしまう。

MRIの仕組みなども説明もあり、それがトリックになっていて、
最後は少し面白くなってきました。
でも途中までダラダラ感が否めず、つらかったです。
そして、最近読んだ海堂氏の話は、私的にはずっとハズレでした。
最近は医療界の話ではあるけれど、ミステリではなかったのです。
海堂氏は医療ミステリの方がよいと思います。

今までの作品だと、Aiを広めるのに、対厚労省。
という感じでしがた、今回は対警察。
実際色々海堂氏の苦難の道のりがあったのかもしれませんが、
そろそろもういいかな、という気がしてきました。

今回わずかしか登場しない、「螺鈿迷宮」のときの小百合。
隠し弾を持っているかのような感じで、そうでもなかった。
しかし、出来上がったエーアイセンターは、でんでん虫型。
まだ話が続くのですね。
しかし、「螺鈿迷宮」は出版社が違うのですが、全部順に読んでいかないと
ついて行けない話なんだな、と思ってしまいました。

関連記事

FC2blog テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

【2011/02/17 23:18】 | 読書
【タグ】 海堂尊  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック