ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など

私のおすすめ度 ★★★☆☆ 面白かったけれど、終わった後に疑問点多数

web拍手 by FC2
突然旧友と釣りに行くと約束、車の中で薬で眠らされる。
(起きたら、乗ったところから、全く進んでないことに気づけ!)

そこで友達から衝撃告白
「首相暗殺」「オズワルドにされてしまうぞ」「逃げろ、生き延びろ」と。
なぜか青柳が犯人だと決めつけ、しかも居場所を知っていて
いきなり発砲、逃走劇がスタート。
友人の色々な手による手助けがあり、なんとか逃げ通せた。
ドキドキ感、そしてもユーモアもあり、面白かったです。
キャスティングもよかったと思います。

でも終わってしまって気づく。
誰が(そして陰謀者メンバーは?)、何のために?
海にあがった死体は誰?
(青柳さんは今どうやって生活しているの?)
ということが全くわからないままでした。

これは、ミステリーではなく、逃亡劇・友情劇なのでしょうか。

下水管を使って逃げていくシーンは、「逃亡者」ハリソン・フォードを思い出します。
こちらは主人公が自ら陰謀者を突き止めて、スッキリしました。


原作を読んでいないのですが、読んだらわかるでしょうか。
図書館に予約を入れましたが、18人待ちでした(^_^;)
7冊所蔵あり、ということで待つことにします。
実は伊坂氏の小説をまだ読んだことがないのです。

関連記事


Read More を閉じる▲
突然旧友と釣りに行くと約束、車の中で薬で眠らされる。
(起きたら、乗ったところから、全く進んでないことに気づけ!)

そこで友達から衝撃告白
「首相暗殺」「オズワルドにされてしまうぞ」「逃げろ、生き延びろ」と。
なぜか青柳が犯人だと決めつけ、しかも居場所を知っていて
いきなり発砲、逃走劇がスタート。
友人の色々な手による手助けがあり、なんとか逃げ通せた。
ドキドキ感、そしてもユーモアもあり、面白かったです。
キャスティングもよかったと思います。

でも終わってしまって気づく。
誰が(そして陰謀者メンバーは?)、何のために?
海にあがった死体は誰?
(青柳さんは今どうやって生活しているの?)
ということが全くわからないままでした。

これは、ミステリーではなく、逃亡劇・友情劇なのでしょうか。

下水管を使って逃げていくシーンは、「逃亡者」ハリソン・フォードを思い出します。
こちらは主人公が自ら陰謀者を突き止めて、スッキリしました。


原作を読んでいないのですが、読んだらわかるでしょうか。
図書館に予約を入れましたが、18人待ちでした(^_^;)
7冊所蔵あり、ということで待つことにします。
実は伊坂氏の小説をまだ読んだことがないのです。

関連記事

FC2blog テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2011/02/25 07:58】 | 映画・DVD
【タグ】 伊坂幸太郎  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック