ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など

私のおすすめ度 ★★★★☆ ほんのり。面白かったです。

原作を読んでいて面白かったので(→
DVDを借りてみました。

私が読んだ原作は、映画化前にタイトルも変えて、
おそらく内容も随分手を入れたものだと思うのですが、
(初出のタイトルは「ふしぎの国の安兵衛」)
結構原作通りでした。

web拍手 by FC2
錦戸さんは演技が上手なのかどうか、よくわからなかったけれど
お侍さんの所作やケーキ作りの手際はよかったと思います。
福ちゃん、とてもかわいいです。

家事にも子育てにも手を抜かず、躾けるところはしっかりと、
共働き夫婦の家事分担や、女性側の仕事と家事のバランス
…これは小説を読んだ時に思ったことですが
映画では更に、仕事を得る喜び、その仕事は徹底的に、とういうことが強く印象に残りました。

しかし、これはどうかなぁと思ったのは
原作にはないシーン、
チンピラとの戦いで、ケーキナイフを刀がわりにして倒して行く。
元々安兵衛が持っていたのなら、まあ成り行き上仕方ないかも、
と思えるかもしれないのだけれど
オーナーが、この為に使うと予測しただろうに、
この場面で大事な仕事道具を渡すかなぁ。
結局このナイフを腰に差したまま、元の時代に戻るので、
重要な演出なのかもしれないけれど、

この監督の中村義洋さんは「ゴールデンスランバー」の監督さんでもあるのですね。
知らずに2作続けてみました。
関連記事


Read More を閉じる▲
錦戸さんは演技が上手なのかどうか、よくわからなかったけれど
お侍さんの所作やケーキ作りの手際はよかったと思います。
福ちゃん、とてもかわいいです。

家事にも子育てにも手を抜かず、躾けるところはしっかりと、
共働き夫婦の家事分担や、女性側の仕事と家事のバランス
…これは小説を読んだ時に思ったことですが
映画では更に、仕事を得る喜び、その仕事は徹底的に、とういうことが強く印象に残りました。

しかし、これはどうかなぁと思ったのは
原作にはないシーン、
チンピラとの戦いで、ケーキナイフを刀がわりにして倒して行く。
元々安兵衛が持っていたのなら、まあ成り行き上仕方ないかも、
と思えるかもしれないのだけれど
オーナーが、この為に使うと予測しただろうに、
この場面で大事な仕事道具を渡すかなぁ。
結局このナイフを腰に差したまま、元の時代に戻るので、
重要な演出なのかもしれないけれど、

この監督の中村義洋さんは「ゴールデンスランバー」の監督さんでもあるのですね。
知らずに2作続けてみました。
関連記事

FC2blog テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2011/02/26 20:49】 | 映画・DVD
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック