ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
先々月読んだ「植物図鑑」、そこにでてきた強烈な名をもつ「ヘクソカズラ(屁糞葛)」。
リアル・ヘクソカズラを見ました。
今までは気付かなかっただけと思うのですが…

物語中、暑い日に咲いていたようですので、時季外れというか、かなり花はくたびれた感じでしたが。
思ったよりも花は小さく、そして物語中に感想が書いてあったように、可愛くてブーケのようでした。

近所の廃墟となった建物の植え込みの他の植物に絡まっていました。
一人で歩いていたので、声にださずにすみましたが…
人前で「「ヘクソカズラ」と言ってしまったら、
「イツキ! あんたのせいだ!」と、さやかさんのように心でつぶやいてしまうことでしょう。

ニオイは、他の植物の草のにおいが強くてわかりませんでした。
引っこ抜かないと強烈なニオイはしないのでしょうか? それともしおれかけた花だったので、ニオイも薄くなってきたということかしら。
来年もあの廃墟の植え込みはあるのでしょうか。
関連記事
web拍手 by FC2

【2009/09/04 23:12】 | 未分類
【タグ】 植物図鑑  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック