ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
   
私のおすすめ度 ★★★★☆ 小説とDVDセットで

映画DVDを先に見てから小説を読みました。

映画では、ストーリーはあまりないものの、
フィンランドの町並み、港、森などの風景と
サチエさん役の小林聡美さんの凛としたところが格好いいな、と思いました。
パンのCMは、このイメージなのでしょうか。

でも色々と謎が(最近DVDでの謎を原作で知る、パターンが多いです)
・サチエさんはなぜフィンランドに一人でいるのか?
・全くお客さんの来ない食堂をやっていて、どうやって生活費を稼いでいるのか?
・  〃  、でも市場での買い物はしていて、結局全部廃棄していたのか?
・  〃  、突然お客さんが来て、材料は足りたのか?
・なぜあのおばさんは、食堂の前で睨むのか?
・ミドリさん、マサコさんは、どういった理由でフィンランドにいるのか?
・マサコさん、無くなったバッグについて問い合わせをするのに
 どうして港に行って、携帯で電話するのか?
 見つかったバッグの中からどうして、きのこ?


小説では3人がフィンランドに来た背景がありました。
そしてなぜサチエさんは、稼ぎが少なくてもOKなのかも。
私だったら、生涯賃金くらい手元にあったら、無理に働かなくても、と思っちゃいますが
これを全部1つのバッグに詰めて手元においてあるんですかね?
そして食堂は、当初から、映画ほどにはガラガラでなかったようです。
あのおばさんが、食堂の前で睨むのかも。
でも話が短い、本が薄い!映画のストーリーがないのもこのせいかしら?!
フィンランドの風景を映し出せる訳がないので、
映画とセットにして、ようやく一人前なのではないでしょうか。


群ようこさんの作品は、私が就職した頃、「無印」シリーズなど結構読んだのですが
最近めっきり読まなくなりました。
ブログを始めてからは、初だと思います。
関連記事
web拍手 by FC2

【2011/04/18 07:06】 | 映画・DVD
【タグ】 群ようこ  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック