ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
思い出をなくした男

鏑木 蓮 PHP研究所 2011-02
売り上げランキング : 321753
by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★★★ 色々な思いがつまっています

前作「思い出探偵」の続編です。
前作を読んだとき、続編が出ないかな、と期待していたので、よかったです。

かけがえのない思い出、それにかかわる「もの」「ひと」、そして「こと」を探す手伝いをする、
「思い出探偵」という事業を始めた、元刑事の浩二郎。
スタッフは、元看護婦、昔の担当した事件の被害者家族の少女。
そして「役者を目指す若者」は、役者の道に専念と、この作品では従業員ではないものの
撮影現場からの依頼で、少し登場します。
抜けた分を、新人・医師免許を持った訳ありの青年が採用されます。

個々のスタッフ自身にもそれぞれ問題を抱え、
スタッフ同士の協力、分担、教育、…
人の心を多方面から深く見つめて捉えている作品だと思います。
そしてそれがにじみ出る、事案名のネーミングも素敵です。
関連記事
web拍手 by FC2

【2011/05/06 09:54】 | 読書
【タグ】 鏑木蓮  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック