ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
人形遣いの影盗み (ミステリ・フロンティア)

三木 笙子 東京創元社 2011-02-11
売り上げランキング : 67024
by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★★☆ また続編を待ってます

人魚は空に還る」、「世界記憶コンクール」に続く第三弾
明治時代、雑誌記者・高広と超美形の天才絵師・礼が解決していくミステリーという設定。全5話です。
今回は長めのお話と短いのとありました。

事件解決の物語と高広・礼やお父様他の登場人物たちのやりとりが面白いです。

表題作「人形遣いの影盗み」は代議士夫人の影が盗まれ、または影の形が別のものに変わったり
そうなった人は恐怖でひきこもり、という事件。
影が見えなくなることは、からくりが想像できましたが、鏡にうつらない、
影の形が変わる、といった組み合わせ技で、してやられました。

続編が楽しみなシリーズです。
関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

【2011/05/20 06:40】 | 読書
【タグ】 三木笙子  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック