ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
職場でのこと。
書くとしたら悪口を公開する感じになってしまうので
書こうか書くまいか迷ったけれど…
web拍手 by FC2












管理職ではあるが、自分でする、と言っておきながら
毎度期限ギリギリ、あるいは直前に誰かがせっついた挙句、できない、
となり、他の人(非管理職)が大至急でやることに。

今までも同じ職場だったけれど、
ここ半年位から少し一緒に行う仕事がでてきました(^_^;)



放っておけば、責任は管理職のその人の責任、とはならず
結局は所属長と、この職場自体の責任、
そしてなにより弊部署に仕事を頼んだ先方に迷惑がかかる
ということを、私の周辺の非管理職の人々はわかっているので
無理してやることになる。




先日隣の部署の人に愚痴ってしまったら
「どこでもあんのよ~」と、強く同意されました。




今までも、これはひどい、と思ったことは
所属長とその相手に伝えているが、改善されません。
唯一3度目から、お願いした通りやってくれるようになった(そもそも、立場が逆)
ことがあります。
お願いした事例にピッタリあわないと動けないのかもしれない、と気づきました。

言っても改善されなく同じことの繰り返しなので
パソコンでメモ。
入力することで少し気持ちの整理はつく気がしましたが、次々やってくる理不尽なこと。

既に我慢の限界は超えているけれど、もう勘弁ならぬ事態発生!
書き溜めたファイルをメールで所属長に送りました。
管理職なので本人へも送ってしまおうかと思ったけれど、ちょっと思いとどまりました。
送ってすぐに帰宅したので、その反応はみてません。










今回の問題とは。
2時間モノの説明会の発表の資料を前日になっても出来ず
(元の資料は私が作ったので、そのままでもいいはずが、
変にアレンジして、メールで送られて来たのが前日の朝。
その変更箇所が全部間違っている(-_-)#
変にアレンジしてしまう、ということは、そもそも内容を理解していない、
指摘して直してもらうより、むしろ元のまま、私が話したほうが
私がラクだし、たぶん聞いている人もそのほうがいいのでは…と
申し出たら、そのままお願いされました。
 (そんなに自分の発表に自身があるわけでなく、おこがましいけれど、比較論として)
関連記事


Read More を閉じる▲












管理職ではあるが、自分でする、と言っておきながら
毎度期限ギリギリ、あるいは直前に誰かがせっついた挙句、できない、
となり、他の人(非管理職)が大至急でやることに。

今までも同じ職場だったけれど、
ここ半年位から少し一緒に行う仕事がでてきました(^_^;)



放っておけば、責任は管理職のその人の責任、とはならず
結局は所属長と、この職場自体の責任、
そしてなにより弊部署に仕事を頼んだ先方に迷惑がかかる
ということを、私の周辺の非管理職の人々はわかっているので
無理してやることになる。




先日隣の部署の人に愚痴ってしまったら
「どこでもあんのよ~」と、強く同意されました。




今までも、これはひどい、と思ったことは
所属長とその相手に伝えているが、改善されません。
唯一3度目から、お願いした通りやってくれるようになった(そもそも、立場が逆)
ことがあります。
お願いした事例にピッタリあわないと動けないのかもしれない、と気づきました。

言っても改善されなく同じことの繰り返しなので
パソコンでメモ。
入力することで少し気持ちの整理はつく気がしましたが、次々やってくる理不尽なこと。

既に我慢の限界は超えているけれど、もう勘弁ならぬ事態発生!
書き溜めたファイルをメールで所属長に送りました。
管理職なので本人へも送ってしまおうかと思ったけれど、ちょっと思いとどまりました。
送ってすぐに帰宅したので、その反応はみてません。










今回の問題とは。
2時間モノの説明会の発表の資料を前日になっても出来ず
(元の資料は私が作ったので、そのままでもいいはずが、
変にアレンジして、メールで送られて来たのが前日の朝。
その変更箇所が全部間違っている(-_-)#
変にアレンジしてしまう、ということは、そもそも内容を理解していない、
指摘して直してもらうより、むしろ元のまま、私が話したほうが
私がラクだし、たぶん聞いている人もそのほうがいいのでは…と
申し出たら、そのままお願いされました。
 (そんなに自分の発表に自身があるわけでなく、おこがましいけれど、比較論として)
関連記事

【2011/05/20 23:23】 | 今日の思い
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック