ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
白銀ジャック (実業之日本社文庫)

東野 圭吾 実業之日本社 2010-10-05
売り上げランキング : 6968
by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★☆☆ う~ん…ちょっと残念


年の瀬のスキー場に脅迫状が届き、警察に通報できない状況で
ゲレンデのスタッフ、特にパトロール隊の3人が重要な役割を担うことに。
コース整備や、ゲレンデとゲレンデの連絡路
閉鎖コース、ホテル経営
そんなスキー場の事情もあわせて、楽しめるはずのミステリーなのだけれど…

web拍手 by FC2
冬に図書館に予約を入れ、ようやく季節が真逆な今、割り当てが来て読みました。
東野作は自分で買うことも結構あるんだけれど、
買おうか迷ったときにアマゾンの★が少なくて、図書館で借りることに。
結構待ちましたけれど。

東野作なので期待しつつ、アマゾンの★の数が気になりつつ
読み始めたのがいけないのか、どうなのか…
やはり残念な感じ。
途中結構読み飛ばしてしまいました。

あまりひねりとかもなくて…
帯にあるように、今の東野さんの渾身の作なのでしょうか。

実はこの前にも、記事に書いていなかったけれど、
「あの頃の誰か」を読み残念な感じでした。
「あの頃の誰か」は、初期の頃に書いたもので、世に出なかったボツ作品集らしいのですが
「白銀ジャック」も初期の頃の作品だったとか!?


一番怖かったのは、ボーダーがスキーヤーに突っ込み
エッジで首にあたって出血多量で死亡、という事故。
以前娘にも同じようなことが置きました。
小学校低学年の頃です。転んだボーダーがお尻をついて足をあげると
ちょうど子どもの首・頭の位置になります。
ヘルメットをしていたので、エッジは直接当たりませんで
怪我もしませんでしたが…
あの時ヘルメットをしていなかったら…と思うとゾッとします。
ってこれって、小説の内容でゾッとしたのと違いますね(^_^;)
関連記事


Read More を閉じる▲
冬に図書館に予約を入れ、ようやく季節が真逆な今、割り当てが来て読みました。
東野作は自分で買うことも結構あるんだけれど、
買おうか迷ったときにアマゾンの★が少なくて、図書館で借りることに。
結構待ちましたけれど。

東野作なので期待しつつ、アマゾンの★の数が気になりつつ
読み始めたのがいけないのか、どうなのか…
やはり残念な感じ。
途中結構読み飛ばしてしまいました。

あまりひねりとかもなくて…
帯にあるように、今の東野さんの渾身の作なのでしょうか。

実はこの前にも、記事に書いていなかったけれど、
「あの頃の誰か」を読み残念な感じでした。
「あの頃の誰か」は、初期の頃に書いたもので、世に出なかったボツ作品集らしいのですが
「白銀ジャック」も初期の頃の作品だったとか!?


一番怖かったのは、ボーダーがスキーヤーに突っ込み
エッジで首にあたって出血多量で死亡、という事故。
以前娘にも同じようなことが置きました。
小学校低学年の頃です。転んだボーダーがお尻をついて足をあげると
ちょうど子どもの首・頭の位置になります。
ヘルメットをしていたので、エッジは直接当たりませんで
怪我もしませんでしたが…
あの時ヘルメットをしていなかったら…と思うとゾッとします。
ってこれって、小説の内容でゾッとしたのと違いますね(^_^;)
関連記事

FC2blog テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

【2011/09/03 23:27】 | 読書
【タグ】 東野圭吾  
トラックバック(1) |


藍色
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
2011/09/13(Tue) 19:20 | URL  | 藍色 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目...
2011/09/13(Tue) 18:36:36 |  粋な提案