ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
見ていた夏のクールのドラマがすべて最終回を迎えました。
web拍手 by FC2
水曜 ブルドクター 
法医学の大達先生(江角マキコ)と刑事・カマツダ(石原さとみ)とのやりとりが
やっぱり面白かったです。
最後は悪代官もやっつけ、めでたしめでたし(?)
稲垣吾郎も最後はよくなりましたね。


木曜 それでも、生きてゆく
とても重いお話。
15年前に妹を殺された洋貴(瑛太)、
犯人のフミヤとその家族。
妹の双葉(満島ひかり)と洋貴 とのやりとりがいつも面白い。
また、ひとつ事件がおき、最後は「禁断」というわけにもいかないのね。

やっぱり、瑛太さん、大竹さん上手だなぁ。

こういう終わり方!?
いままで見てきたのに…
というビックリなところで、終了。


日曜 華和家の四姉妹
元が漫画とのこと。竹美ちゃんの豪快さがなんともいえないですね。
家族ばらばらになりそうだったけれど、
ハッピーな方向へ向かっての終了!


月曜 全開ガール 
国際弁護士を目指す若葉(新垣結衣)
生い立ち~現在も貧しく夢見るシーンが完璧でしたが
途中から、ダンゴ虫(錦戸亮)と… 
中だるみ気味な感じでした。
最後結婚式でドタキャンかと思っていたら、その逆というか。
子役が光った作品でしょう。

火曜 チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸
海堂氏原作は会議室のネチネチシーンが長いので
ドラマは、原作よりも内容が盛り込まれていますが
今回は盛り込みすぎでしょう!

足利事件のような過去のDNA鑑定のミスによる冤罪事件も伏線にありましたが
どうやら、こちらがメインになってしまった感じがします。
そしてそれには島津先生も絡んでいるし。
(一連の小説の設定では島津先生は、学生時代から田口先生と同期だったと思いますが。)

この実際の足利事件では、冤罪だった方はニュースになりましたが
真犯人についてのことはニュースでは取り上げられていません。
被害者家族もいらっしゃいます。
それを被害者家族の方、冤罪だった方、支援した方を
揶揄するようなことになってはいないだろうか、とドキドキしてしまいました。

そして、最後警察の口から、Aiも肯定的な話をしていましたが
このドラマでAiって役にたつ場面があったでしょうか?
関連記事


Read More を閉じる▲
水曜 ブルドクター 
法医学の大達先生(江角マキコ)と刑事・カマツダ(石原さとみ)とのやりとりが
やっぱり面白かったです。
最後は悪代官もやっつけ、めでたしめでたし(?)
稲垣吾郎も最後はよくなりましたね。


木曜 それでも、生きてゆく
とても重いお話。
15年前に妹を殺された洋貴(瑛太)、
犯人のフミヤとその家族。
妹の双葉(満島ひかり)と洋貴 とのやりとりがいつも面白い。
また、ひとつ事件がおき、最後は「禁断」というわけにもいかないのね。

やっぱり、瑛太さん、大竹さん上手だなぁ。

こういう終わり方!?
いままで見てきたのに…
というビックリなところで、終了。


日曜 華和家の四姉妹
元が漫画とのこと。竹美ちゃんの豪快さがなんともいえないですね。
家族ばらばらになりそうだったけれど、
ハッピーな方向へ向かっての終了!


月曜 全開ガール 
国際弁護士を目指す若葉(新垣結衣)
生い立ち~現在も貧しく夢見るシーンが完璧でしたが
途中から、ダンゴ虫(錦戸亮)と… 
中だるみ気味な感じでした。
最後結婚式でドタキャンかと思っていたら、その逆というか。
子役が光った作品でしょう。

火曜 チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸
海堂氏原作は会議室のネチネチシーンが長いので
ドラマは、原作よりも内容が盛り込まれていますが
今回は盛り込みすぎでしょう!

足利事件のような過去のDNA鑑定のミスによる冤罪事件も伏線にありましたが
どうやら、こちらがメインになってしまった感じがします。
そしてそれには島津先生も絡んでいるし。
(一連の小説の設定では島津先生は、学生時代から田口先生と同期だったと思いますが。)

この実際の足利事件では、冤罪だった方はニュースになりましたが
真犯人についてのことはニュースでは取り上げられていません。
被害者家族もいらっしゃいます。
それを被害者家族の方、冤罪だった方、支援した方を
揶揄するようなことになってはいないだろうか、とドキドキしてしまいました。

そして、最後警察の口から、Aiも肯定的な話をしていましたが
このドラマでAiって役にたつ場面があったでしょうか?
関連記事

FC2blog テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2011/09/20 23:50】 | 今日の思い
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック