ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
つくもがみ貸します

畠中 恵 角川書店 2007-09
売り上げランキング : 314462
by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★☆☆☆ ちょっと冷たい感じが…

姉・お紅、弟・清次(血の繋がりのない姉弟)が営む
損料屋(レンタル業)が舞台。
長いときを経た物が付喪神(つくもがみ)と化して、意識を持った者となり、
レンタル先の状況を店の棚で話したりして、小事件の解決の糸口となります。
web拍手 by FC2
5編あり、いろんな付喪神が語り口となって、進んでいきますが
最初から最後まで引っ張ってきた、大店の長男・佐太郎とのことがラストにあり、
それはないんじゃない?という結末でした。

「しゃばけ」シリーズに似ているような。
でも「しゃばけ」では、妖の血を引く人間と会話するし、
愛嬌がある妖もいるのですが、
この作品にでてくる付喪神は、プライドは高いし、
人とは口をきかないので、
冷たい感じがして、
私は「しゃばけ」の方がいいです。
(とはいっても、だんだんつまらなくなってきた気もしますが)
関連記事


Read More を閉じる▲
5編あり、いろんな付喪神が語り口となって、進んでいきますが
最初から最後まで引っ張ってきた、大店の長男・佐太郎とのことがラストにあり、
それはないんじゃない?という結末でした。

「しゃばけ」シリーズに似ているような。
でも「しゃばけ」では、妖の血を引く人間と会話するし、
愛嬌がある妖もいるのですが、
この作品にでてくる付喪神は、プライドは高いし、
人とは口をきかないので、
冷たい感じがして、
私は「しゃばけ」の方がいいです。
(とはいっても、だんだんつまらなくなってきた気もしますが)
関連記事

FC2blog テーマ:読書記録 - ジャンル:小説・文学

【2011/11/05 23:18】 | 読書
【タグ】 畠中恵  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック