ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
七人の敵がいる

加納 朋子 集英社 2010-06-25
売り上げランキング : 26467
by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★★★ クリーンヒットかも

これから小学校にあがる~小学生のワーキングマザーには必読!?
そしてそのだんなさんにも(?)
(おばあちゃんや専業主婦の方にはどうでしょうかね~)
web拍手 by FC2
敏腕女性編集者の、7タイプの敵
1話目では小1の保護者会のPTA役員決め
そして学童保育、少年サッカー、先生、夫の家族、夫、我が子…
人数を数えると「七人」ではなく、もっとたくさん。
でも「敵」を作って打ちのめすのではなくて
いい具合に味方にして、仕事もPTA、地域活動等も
目一杯頑張るところが爽快ですし、じんわりと暖かいです。

最後は小学校卒業、中学校でもPTA! そして新たなビジネス、
というところで終了

私はこんなにバリバリと働いていないし、
学童、地域活動、地域のスポーツ団などもしていないし
PTAも最低限(今年は内職で、その仕事量は結構ありますが)しかしていないし
この小説の陽子さんほどでは全然ないですが
今年読んだ小説の中で一番面白かったです。

著者やお付き合いのある編集者の方の実体験が元なのだろうな、と思いつつ、
あとがきには、おことわりを書いてあるところも
敏腕女性編集者の技なのかも。
関連記事


Read More を閉じる▲
敏腕女性編集者の、7タイプの敵
1話目では小1の保護者会のPTA役員決め
そして学童保育、少年サッカー、先生、夫の家族、夫、我が子…
人数を数えると「七人」ではなく、もっとたくさん。
でも「敵」を作って打ちのめすのではなくて
いい具合に味方にして、仕事もPTA、地域活動等も
目一杯頑張るところが爽快ですし、じんわりと暖かいです。

最後は小学校卒業、中学校でもPTA! そして新たなビジネス、
というところで終了

私はこんなにバリバリと働いていないし、
学童、地域活動、地域のスポーツ団などもしていないし
PTAも最低限(今年は内職で、その仕事量は結構ありますが)しかしていないし
この小説の陽子さんほどでは全然ないですが
今年読んだ小説の中で一番面白かったです。

著者やお付き合いのある編集者の方の実体験が元なのだろうな、と思いつつ、
あとがきには、おことわりを書いてあるところも
敏腕女性編集者の技なのかも。
関連記事

FC2blog テーマ:オススメ本 - ジャンル:小説・文学

【2011/11/20 10:21】 | 読書
【タグ】 加納朋子  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック