ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
無菌病棟より愛をこめて

加納 朋子 文藝春秋 2012-03
売り上げランキング : 15841
by ヨメレバ
私のおすすめ度 ★★★★☆ 前向きの闘病記です


加納朋子さんの闘病記
ななつのこ」「七人の敵がいる」など、全てではないけれど
結構著書を読んでいる、お気に入りの作家さんです。

でも、ごめんなさい。今まで図書館で借りてきてばかりでした。
今度ばかりは買います!買いました。
そして、今回は図書館へのリンク設定をはずしました。
web拍手 by FC2
たまたまネットで加納さんの新刊をみつけたものの、タイトルに驚きました。

病気発覚、急遽入院、化学療法、骨髄移植、退院後の通院
家族や友人などに囲まれ
明るくて優しい加納さんの人柄がにじみ出るような
暗くなく、そして同様の病気の方、家族の方にお役立ちになると思う闘病記です。

なんと、年も子どもの年も、大体私と同じでした。

私が「七人の敵がいる」を読んだのが、去年の秋。
このとき、職場の小1のお子さんをもつママさんにも
オススメしたのですが…
そしてシリーズの本を遡って「レインレイン・ボウ」「月曜日の水玉模様」など読んでいました。

実はその頃、この闘病記はまとめられ、
そして遡ること、「七人の敵がいる」の発売の頃、発病したとのこと。
なにも知らずに呑気なものでした。

あとがきによると、骨髄移植を受けた日を第二の誕生として
次の誕生日を迎えられたとのことで、よかったです!
というか、それを先に読んでしまったので、
闘病記も安心して読み進めることができました。

また弟さんの、日記がまたすごいです。
家族として、ドナーとして、淡々と詳しく綴られて、
難しいくて分からないところと、泣けてくるところと。
早々に色々と調べ、ドナーとなれる可能性の為、摂生をすぐ始めてます。

いつか元気になられて、また新作に出会えますように!


追記
燈佳のブログ」様の記事にて
「七人の敵がいる」がドラマ化されるのを知りました!
早速録画予約しました。
4/2 月~金 フジ 13:30~
です。

FC2ランキング


ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


Read More を閉じる▲
たまたまネットで加納さんの新刊をみつけたものの、タイトルに驚きました。

病気発覚、急遽入院、化学療法、骨髄移植、退院後の通院
家族や友人などに囲まれ
明るくて優しい加納さんの人柄がにじみ出るような
暗くなく、そして同様の病気の方、家族の方にお役立ちになると思う闘病記です。

なんと、年も子どもの年も、大体私と同じでした。

私が「七人の敵がいる」を読んだのが、去年の秋。
このとき、職場の小1のお子さんをもつママさんにも
オススメしたのですが…
そしてシリーズの本を遡って「レインレイン・ボウ」「月曜日の水玉模様」など読んでいました。

実はその頃、この闘病記はまとめられ、
そして遡ること、「七人の敵がいる」の発売の頃、発病したとのこと。
なにも知らずに呑気なものでした。

あとがきによると、骨髄移植を受けた日を第二の誕生として
次の誕生日を迎えられたとのことで、よかったです!
というか、それを先に読んでしまったので、
闘病記も安心して読み進めることができました。

また弟さんの、日記がまたすごいです。
家族として、ドナーとして、淡々と詳しく綴られて、
難しいくて分からないところと、泣けてくるところと。
早々に色々と調べ、ドナーとなれる可能性の為、摂生をすぐ始めてます。

いつか元気になられて、また新作に出会えますように!


追記
燈佳のブログ」様の記事にて
「七人の敵がいる」がドラマ化されるのを知りました!
早速録画予約しました。
4/2 月~金 フジ 13:30~
です。

FC2ランキング


ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

FC2blog テーマ:癌闘病記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2012/03/29 00:00】 | 読書
【タグ】 加納朋子  
トラックバック(0) |

No title
燈佳
こんばんは。
この度は、私の備忘録のようなブログにお越しいただいて、ありがとうございます。

ちょこちょことSayaka様のブログ、読ませていただきました。
私の読んだ本と同じ本が多くてちょっとびっくり&嬉しくなりました。
松岡圭祐さん、海堂尊さんは未読ですが、本棚の雰囲気は似ているかも…。
あらためて、ゆっくりと寄らせていただきますね。

>燈佳さん
Sayaka
こんばんは。

来ていただいて、ありがとうございます♪
同じジャンルの本を読んでいる方が、どう感じていて
他にどんな本を読んでいるのか、見るのは楽しいですね。

また、運よく、連ドラスタート前に知ることができてよかったです。
「七人の敵がいる」を紹介したママさんにも早速伝えました。

有川浩さん、加納朋子さん、大崎梢さんは一緒なのですね。
加納朋子さんの本を読み始めたのは大崎梢さんの「平台がおまちかね」が
きっかけでした。

では、また!

おひさしぶりです。
blue_blue
おひさしぶりです、こんばんは。
この本は発売を知って、こういう本は自分で買わねばなるまい!と、私も本屋に走りました。
途中の文章の質+量の変化からも闘病生活の過酷さが伝わってくるようでしたね。
“日常”を描くのが巧みな方だけに、かえって迫るものもあったように思います。
デビュー時から新刊を楽しみにしている作家さんなので、回復後の新刊を本当に心待ちにしています。

>blue_blueさんへ
Sayaka
おひさしぶりです!!

blue_blue さんの復活も心待ちにしていました。

加納朋子さんを知ったきっかけは
大崎梢さんの「平台がおまちかね」で、
それは、シリーズの「サイン会はいかが?」を
blue_blue さんのところで知ったからで…
blue_blue さんの紹介されている本の中から
読みやすそうなものから、
とお世話になっています。


ブレ無く地道な活動を続けてきたから
年弘
だからこその、前向きなメッセージをたくさん感じられる
ノンフィクションになったのかも知れません。
最近『七人の敵がいる!』がドラマ化されたとかで、今度見てみようと
思ってます。しかし・・・PTAって大変ですねぇ。
PTAの経験を生かした作品なんですが、「集団行動に向かず」と
加納さんを分析してるサイトもあるんですよね・・・。
http://www.birthday-energy.co.jp

これからしばらくはやる気満々になるとか。
ノンフィクションもフィクションも、期待しちゃいます!。


>年弘さん
Sayaka
はじめまして

なんとなく皮肉っぽいコメントと感じました。

私も新作を期待しています。
とっても気長に待っています。

七人の敵がいる のドラマは、
「ぐるぐる猿と歌う鳥」 の記事のところにも少し書いたのですが
PTAの部分だけが、ものすごく助長され、ドロドロ感があり
しかも、6年間の話を、たぶん子役の都合もあるのでしょうが、
一気に進行しているので、
これでは仕事ができない程のPTAの仕事量、
なんか違うものになってしまっている感じがしています。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
こんばんは。
この度は、私の備忘録のようなブログにお越しいただいて、ありがとうございます。

ちょこちょことSayaka様のブログ、読ませていただきました。
私の読んだ本と同じ本が多くてちょっとびっくり&嬉しくなりました。
松岡圭祐さん、海堂尊さんは未読ですが、本棚の雰囲気は似ているかも…。
あらためて、ゆっくりと寄らせていただきますね。
2012/03/31(Sat) 19:57 | URL  | 燈佳 #-[ 編集]
>燈佳さん
こんばんは。

来ていただいて、ありがとうございます♪
同じジャンルの本を読んでいる方が、どう感じていて
他にどんな本を読んでいるのか、見るのは楽しいですね。

また、運よく、連ドラスタート前に知ることができてよかったです。
「七人の敵がいる」を紹介したママさんにも早速伝えました。

有川浩さん、加納朋子さん、大崎梢さんは一緒なのですね。
加納朋子さんの本を読み始めたのは大崎梢さんの「平台がおまちかね」が
きっかけでした。

では、また!
2012/04/01(Sun) 00:06 | URL  | Sayaka #-[ 編集]
おひさしぶりです。
おひさしぶりです、こんばんは。
この本は発売を知って、こういう本は自分で買わねばなるまい!と、私も本屋に走りました。
途中の文章の質+量の変化からも闘病生活の過酷さが伝わってくるようでしたね。
“日常”を描くのが巧みな方だけに、かえって迫るものもあったように思います。
デビュー時から新刊を楽しみにしている作家さんなので、回復後の新刊を本当に心待ちにしています。
2012/04/09(Mon) 22:05 | URL  | blue_blue #-[ 編集]
>blue_blueさんへ
おひさしぶりです!!

blue_blue さんの復活も心待ちにしていました。

加納朋子さんを知ったきっかけは
大崎梢さんの「平台がおまちかね」で、
それは、シリーズの「サイン会はいかが?」を
blue_blue さんのところで知ったからで…
blue_blue さんの紹介されている本の中から
読みやすそうなものから、
とお世話になっています。
2012/04/09(Mon) 23:14 | URL  | Sayaka #-[ 編集]
ブレ無く地道な活動を続けてきたから
だからこその、前向きなメッセージをたくさん感じられる
ノンフィクションになったのかも知れません。
最近『七人の敵がいる!』がドラマ化されたとかで、今度見てみようと
思ってます。しかし・・・PTAって大変ですねぇ。
PTAの経験を生かした作品なんですが、「集団行動に向かず」と
加納さんを分析してるサイトもあるんですよね・・・。
http://www.birthday-energy.co.jp

これからしばらくはやる気満々になるとか。
ノンフィクションもフィクションも、期待しちゃいます!。
2012/04/18(Wed) 23:33 | URL  | 年弘 #DvI991tw[ 編集]
>年弘さん
はじめまして

なんとなく皮肉っぽいコメントと感じました。

私も新作を期待しています。
とっても気長に待っています。

七人の敵がいる のドラマは、
「ぐるぐる猿と歌う鳥」 の記事のところにも少し書いたのですが
PTAの部分だけが、ものすごく助長され、ドロドロ感があり
しかも、6年間の話を、たぶん子役の都合もあるのでしょうが、
一気に進行しているので、
これでは仕事ができない程のPTAの仕事量、
なんか違うものになってしまっている感じがしています。
2012/04/19(Thu) 21:35 | URL  | Sayaka #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック