ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
ラブ・ケミストリー (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

喜多 喜久 宝島社 2012-03-06
売り上げランキング : 53053
by ヨメレバ

私のおすすめ度 ★★★★☆ 新しいジャンルかも

内容(「BOOK」データベースより)
第9回『このミス』大賞優秀賞受賞作品。有機化合物の合成ルートが浮かぶという特殊能力を持つ、有機化学を専攻する東大院生の藤村桂一郎。ところが初恋によって、その能力を失ってしまった。悶々とした日々を過ごしていた彼の前にある日、「あなたの恋を叶えてあげる」と、死神を名乗る少女、カロンが現われて…。東大で理系草食男子が巻き起こす、前代未聞の“日常系コメディ”登場。



「有機化学+ミステリ」 新しいジャンル、と思ったけれど
これは ミステリー なのだろうか?!

特殊な化学の能力持っている主人公と死神。
ミステリーといえば、死神・カノンの依頼者が誰か、
というところでしょう、というのは解説に書いてありました。
「有機化合物の合成ルートが浮かぶという特殊能力」は「もやしもん」みたい、
というのも解説に書いてありました。

冒頭にいきなり出てきた化学構造式 プランクスタリン、
(これは架空の物質だそうです)
私は大学では無機化学ですが、
学生実験や同級生の研究室や、会社に入ってから、
見聞きしているので、違和感ないですが
どうでしょうか。
このあたりあまり気にしなくても読み進められるのかと思います。

カノンの依頼者は女性だったので、神崎先生かと思ってしまいました。
これはしてやられました。
でもラストで一気に、雑にまとめられてしまった感があり、
残念でした。

作者のインタビュー記事
http://www.chem-station.com/blog/2011/03/post-254.html

この作者の「猫色ケミストリー」も予約を入れていますが
続編ではないようです。

この作品には大学の実験室の日常もかかれていて
化学系の人の内輪ウケも。
そういえば学食にいくシーンが多いですが…
私が思い出した、化学科ならではの行動
・ビーカー+ガラス棒の操作のようにして、スプーンに這わすようにコーヒーにミルクを入れる
・ドレッシングを振ってサラダに掛けるまで、がっしっり瓶をつかまず、指先だけで持つ
・ドレッシングやビールなど、注ぐときにラベルを上に向ける
・飲み会などでグラスが沢山なく、飲み物を変える際、共洗いをして、(その液を飲んで)
 次の飲み物を満たす

それから彼女いない暦長い人(今回の主人公みたいな)は 「イナート君」
 イナート inert: 不活性な,化学作用を起こさない


FC2ランキング


読書日記
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2012/07/14 21:49】 | 読書
【タグ】 喜多喜久  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック