ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など

私のおすすめ度 ★★★★★ よかったけれど映画じゃなくても…

加賀恭一郎シリーズ「新参者」の続編。
原作本を読んだとき、すでに「新参者」のドラマを見ていたので
加賀恭一郎=阿部寛
のイメージで読んでました。
2時間もののドラマになるかな、と思っていたら映画でしたね。

ほぼ原作通りのイメージかな。
防犯カメラの場所は違ったけれども。

原作読んだときに思った疑問点
 被害者の勤め先だった会社の派遣切りや労災隠し、工場長の取調べとかもなくて、
 もういいってこと?
はそのままでした。

逆に水泳部の先生へのお叱り
「間違った公式を覚えるとずっと答えを出すことができない」
は阿部寛さんの迫力でとても印象的、
そして青柳親子,八島くんと香織さんの会話の大切さは
映画の方が強く残りました。

疑問というかツッコミどころは
香織さんも日記で調べないとわからなかった上京日を加賀さんがわかったこと
そして宣伝~DVDの写真でも香織さんがすごく目立っていること。
(青柳さんより目立っているなんて…)

FC2ランキング


ブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【2012/08/21 23:53】 | 映画・DVD
【タグ】 東野圭吾  加賀恭一郎  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック