ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
Canon iP4200というちょっと古いプリンタが末期症状、というのが今年の7月の話
 → 修理モノ 第2弾 プリンタの排紙トレイ

実はその前から徐々に壊れていて、
両面反転部分→前面給紙の回転部分
で壊れていたので、背面給紙で、両面印刷したいときは
背面に1枚だけ紙を入れて、印刷されたら裏返して
入れなおす、ということをしておりました。

そして、「排紙トレイ開の認識」がだめになり
トレイを開いてグッと下に押し付けて粘り
7月には
http://petitmatch.exblog.jp/16525413/
を見て、トレイを受け止めるゴムのパーツ劣化部分にフェルトを張ったり、
それでだめになったら、楊枝を突っ込んだりしてました。
そして、
できれば新しいのを、と思って秋の新製品が出るまで粘っていました。
(実は、まだ未開封のインクカートリッジがあったのですが…ヤフオクで売れるかしら?)

とうとう、楊枝を差しても印刷できないことが増えてきて
(でも次の日トライするとできることもあり、延び延びになってました)
買い換えることにしました。

次の記事に続く。



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

【2012/10/13 21:13】 | PC・ネットetc
【タグ】 プリンタ  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック