ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など


私のおすすめ度 ★★☆☆☆ 早々に悲しい先が読めてしまいまして…


有川さんの作品なので発売直後に購入、引越しの為、しばらく積読で正月休みに読みました。

タイトルどおり猫・ナナの視点の旅レポート。
なぜ「旅」かというと「止むにやまれない事情」のためナナが飼えなくなった悟は、
ナナを連れて飼い主を探す旅に出るのです。
旅先の地域がバラバラなのは悟が、あちこち転校していたせいで、
どうして転校ばかりだったかというのはラストにて。
また旅先では、当時学生時代のエピソードも盛り込まれていくし、
猫や他のペットとの「お見合い」失敗ばかりで、
残念のような、ホッとしたような帰り道。
だけど「止むにやまれない事情」が何か?を考えてしまって、結局アタリでした。

う~ん、ちょっとなぁ。と思ってしまったのだけれど、
ブクログやアマゾンでの評価が結構皆さん、高いのですね。




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2013/01/04 23:16】 | 読書
【タグ】 有川浩  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック