ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など


私のおすすめ度 ★★★☆☆ なるほど…
中高生向きの本のようです。
(30年近く前、高校途中で数学がダメになってきた
 私にもいいのかも)

中学・高校の数学は、アルファベットなどが多くなってきて
何の為にやっているんだろう?
という疑問に、実際に身の回りにどう数学が使われているかが書かれています。
ネットセキュリティの暗号、カーナビ、迷惑メール振り分けなど。
なるほど…と思いましたが、

「数学は、アルファベットなどが多くなってきて、わけわかんない。大嫌い」な人は
数式を読み飛ばしても十分楽しめると思います。
逆に数学大好き人間には、物足りないのかも。

タイトルのような「世界は数学でできている」というほどの壮大な話では
ない気がしました。

私は高校の最初の頃までは数学得意だったと思うのですが
limとか∑とか微分積分、log10までは耐えたけれどlogeは…???
でもまだ、こういうのを習って将来賢い人たちが活用して何か役立ててくれているのだろう、
と騙し騙し頑張っておりましたが、
虚数i のところで 「数学」って何したいんだ?!
と壁にあたりました。
 
この本でも虚数はでてこなかったな。

どうも電気の世界でお役立ちのようです。
ですが電気の世界では i は電流の記号なので、j とするそうな(@_@)
半分から下は ????
http://www.jeea.or.jp/course/contents/01109/




にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ

にほんブログ村 本ブログへ

関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2013/01/28 21:25】 | 読書
【タグ】 立田奨  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック