ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
オリンピック・競泳メダリストの北島康介さんと中村礼子さんのコーチだった平井氏の著書。
それぞれの選手のコーチになった経緯や、性格にあった指導法、コーチとしての役割などがつづられています。
web拍手 by FC2
小さい頃からスクールで見ていて、大勢の中から平井氏が皆の意見とは別に、北島選手を選んで育てたそうですが、中村選手は学生になってから門戸をたたいたそうです。
新しい選手を育てる時も、性格の違う人を、別のアプローチで育てていきたいとのことで、コーチングとは一辺倒ではないのだと思いました。

そういえば、北島康介さんの現役続行のニュースがありましたね。タイムリーです。
アテネと北京ではコーチの役割が違っていたと書いてありました。
北京オリンピックのあと、平井氏が「もう康介が(引退するのであれば)全力で泳ぐ姿はみられないと思うと、残念」と言っていましたので、係り合い方は違うとしても、まだ続いていくのでしょうね。
関連記事


Read More を閉じる▲
小さい頃からスクールで見ていて、大勢の中から平井氏が皆の意見とは別に、北島選手を選んで育てたそうですが、中村選手は学生になってから門戸をたたいたそうです。
新しい選手を育てる時も、性格の違う人を、別のアプローチで育てていきたいとのことで、コーチングとは一辺倒ではないのだと思いました。

そういえば、北島康介さんの現役続行のニュースがありましたね。タイムリーです。
アテネと北京ではコーチの役割が違っていたと書いてありました。
北京オリンピックのあと、平井氏が「もう康介が(引退するのであれば)全力で泳ぐ姿はみられないと思うと、残念」と言っていましたので、係り合い方は違うとしても、まだ続いていくのでしょうね。
関連記事

【2009/04/24 18:18】 | 読書
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック