ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
高校のPTA委員は、必須でないけれども、クラスから3人程度出す必要があって
足りないときは、立候補してなくても依頼をすることがあります。
との手紙に、小心者の私は、1年で早々に申し込みました。
うちのクラスからは3人立候補が出たので、保護者会のときに
もめることもなく決まりました。
今度も広報誌の委員です。
この間の土曜日に一回目の集まりがありました。

毎年委員をやっている人も多く、お父さんも結構いて
そして、自分から、「それは私がやります」という人が多くて
どんどん、決まっていく。

この学校の広報誌はだいたいフォーマット、扱う内容やページ数も決まっていて
こんな感じ、という指示をすると業者が版を作ってくれるみたいです。
もう、2学期発行の2つの記事を担当する、原稿の依頼はいつ頃、編集作業の日、
なども決まりました。
編集作業は学校で行うので、ページの担当によっては
多少遅くまでかかるかもしれないけれど、
ずるずる引きずることはないようです。

中学のときは、費用節約の為、レイアウトのデータまで作ったので大変でした。
(→過去記事) 


それよりなにより…
小学校・中学校のときは、在校中に1回は委員をしなければなりませんでした。
そして保護者会後や入学式後の委員決めのときはシーンと静まった嫌な雰囲気
(小3,4のときは、今のうちにやってしまえ!というので、応募者多数)
未だやっていない人リストが作られて、やってない人に集中的に、
やってもらえませんか?
という問いかけ。
無理に委員にさせられちゃうもんだから、その後の委員でも
なんだかんだ言って全く来ない人や、話し合いや、分担などが進まなかった。。。

そんな思いをしてきたので、
なんて、テキパキして気持ちいいんだろう! と思いました。
(まだ実作業には入っていませんが)



にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
関連記事
web拍手 by FC2

【2013/06/12 20:49】 | 子ども
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック