ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など

私のおすすめ度 ★★★★★ 島ならではの問題点や小さいエピソードが最後しっかり繋がる!面白い!
瀬戸内の小さな島が舞台。高校生の幼馴染4人は本土に渡ってすぐの高校へ。
島ならでは、のこと、医療のこと、網元、
Iターン移住者のこと、母子家庭のこと
それから「幻の脚本」を絡めた話、
卒業旅行の脱走計画…
小さいエピソードが最後しっかり繋がるのがよかったです。

前作、直木賞受賞作は私にとっては好きでない作品でしたが
これは本当に良かったです!!




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ


関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2013/09/12 22:26】 | 読書
【タグ】 辻村深月  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック