ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
半自力・フレンチネイルもどき「シールを縦横に6枚に切って先端に貼る」技。
アップに耐えない指と技術なんですけれど。
P1080013.jpg
写真だと拡大されていて、ちゃんと隅々まで貼れていないことがわかりました(老眼きてるな~)
ので、撮った写真をかなり縮小して掲載。


この間買ったインココのネイルシート。派手な柄モノを買ってしまったので、
これを全部の指に貼るのは足でさえためらってました。

無地のは、自分で頑張れば塗れそうなのに高い(長持ちするので違いはありますけれど)


半自力・フレンチネイルもどき。
シールを縦横に6枚に切って先端に貼る、という方法を教えてもらいました
(小さい爪用だったら4枚に)
まず手持ちのベース、マニキュアを塗る、先端に切り刻んだインココを貼る
(台紙とカバーフィルムはとてもはがしにくい)
少し伸ばして、カーブを作って貼る。
全体にトップコートを塗る。境界に手持ちのラメなどつけても。
(プロが描くフレンチのようにするにはいかないけど、
自分でお安くここまでは出来たという達成感を味わう)

手の指は伸びるの早いし、手仕事などで先端から剥がれて
みすぼらしくなってしまいがちだけど、インココは強いので欠けにくい。
爪が伸びてきたら、軽く除光液で落とすと、
インココの部分は落ちないので、根元~インココの手前までマニキュア塗って、
先端のインココはそのままで、伸びた分ヤスリをかける、というケチ技も可能だそう。

フレンチネイル用のシールも売ってますが、無地よりお高いのでこの技がオススメ!とのこと。

私が紹介した方が更に紹介した方が開発(?)した技です。

私は、柄モノしか買ってなくて、当分買いにいけそうにないので、
手持ちの(前回足の写真を撮ったやつ)をで手指に貼ってみました。

(開封すると、長いことは持たないと書いてあるし
実際、柔軟性が失われて、伸びにくく、切れにくくなってきているので
使ってしまわないと…
職場でも話題にしていて、さすが化学メーカーの事務職 (?)
 (実験職だとマニキュアしづらいです。
  私は、昼に来た化粧品販売の試供品を小指だけに塗って、実験
  たぶん、アセトンがかかって、色だけ解け落ちた?
  気づいたときは、小指爪が真っ白で、一瞬、壊死したのかと思った(^_^;)
  あと、溶け出て、実験中の薬品に混ざる(コンタミ)のおそれも)


冷蔵庫保管で、使うときに人肌で温めるのがよいのではないか、 と
3家庭で実験中)

ネイルサロンは、やってもらうのに随分時間がかかるらしいし、
ジェルネイルだと落とすのも自分で出来ず、ボテッとした爪で、
細かい作業がしづらそう、という印象。

手指先端の削れでしょっちゅう塗りなおさなくていい、この技だったら、
マメに指をの気遣いをしてみようかな、という気になります。
PC作業などしたあと、ふと美しい爪をみると、テンションあがるらしいので。


P.S.
本家のサイトに、やり方が載ってました。こちらはカーブに切って使うとのこと。
眉切りはさみ か 爪きり で切るとよいようです。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=566913300025988&set=a.399043390146314.108587.396464727070847&type=1&theater



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
web拍手 by FC2

FC2blog テーマ:☆ネイル☆ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2013/10/12 09:11】 | 今日の思い
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック