ワーキングマザーの日々の思い、読書とPCと大学生(母)日記など
『ファインディング・ニモ』シリーズの新作の映画が公開されるとのことで
今週、ニモの方をテレビで放送されるとのことですが…
最近、驚愕のクマノミの生態を知ってしまった(^^;)

『気になる科学』(元村有希子 著)(図書館) にて
元ネタは別の本にあるとのことですがそちらは控えておらず、不明。

気になる科学 (調べて、悩んで、考える)


続きは Read More をクリック


web拍手 by FC2
最近知った事実

・クマノミは卵から孵化して産まれた子は皆流されてしまい、別の夫婦が育てる。
 生みの親と育ての親がいる。

・一つの群れで一番大きいのがメス、二番目がオス、その他は性別未確定(?)

・メスがいなくなると、次に大きいオスがメスに性転換。そしてその次に大きい性別未確定だった子がオスになる。

となると、 青字で補足・修正

夫婦で卵の世話をしながら誕生を楽しみにしていたところ、襲われてしまい
妻がいなくなってしまった。卵も一つだけ残して全部なくなってしまった。
父(マーリン)と子(ニモ)だけが残される。
しかし、ニモはよそから流れて来て養子に迎えた子(性別不明?)だった。実の子はどこかへ流れていった。
母がいなくなったので、マーリンは性転換してメスになる。二番目に大きいニモはオスになる。

そして子が人間にとらわれて…(省略)…父が探して再会
マーリン(元義理の父・現在義理の母というか、…とにかくメス)と ニモ(元義理の性別不明の子・現在オス) が夫婦になる

しかし、また別のところで知った事実。
グレートバリアリーフを舞台としていて、そこにはカクレクマノミは生息していなくて
そこに生息していて同じような色の魚は
イースタンクラウンアネモネフィッシュ というのだそうな
この魚の生態は???



ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事


Read More を閉じる▲
最近知った事実

・クマノミは卵から孵化して産まれた子は皆流されてしまい、別の夫婦が育てる。
 生みの親と育ての親がいる。

・一つの群れで一番大きいのがメス、二番目がオス、その他は性別未確定(?)

・メスがいなくなると、次に大きいオスがメスに性転換。そしてその次に大きい性別未確定だった子がオスになる。

となると、 青字で補足・修正

夫婦で卵の世話をしながら誕生を楽しみにしていたところ、襲われてしまい
妻がいなくなってしまった。卵も一つだけ残して全部なくなってしまった。
父(マーリン)と子(ニモ)だけが残される。
しかし、ニモはよそから流れて来て養子に迎えた子(性別不明?)だった。実の子はどこかへ流れていった。
母がいなくなったので、マーリンは性転換してメスになる。二番目に大きいニモはオスになる。

そして子が人間にとらわれて…(省略)…父が探して再会
マーリン(元義理の父・現在義理の母というか、…とにかくメス)と ニモ(元義理の性別不明の子・現在オス) が夫婦になる

しかし、また別のところで知った事実。
グレートバリアリーフを舞台としていて、そこにはカクレクマノミは生息していなくて
そこに生息していて同じような色の魚は
イースタンクラウンアネモネフィッシュ というのだそうな
この魚の生態は???



ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

FC2blog テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2016/07/11 21:06】 | 今日の思い
【タグ】 元村有希子  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック